プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/02 (Thu) 23:35
アニソンなどについての雑談・好きなアニソンを一通り挙げてみよう第2弾

前回やったものの第2弾です。
今回は、前回挙げなかったけど挙げときゃよかったなと思った曲などを挙げています。
それ以外は前回と同じ感じです。

[アニメ部門]
明日のナージャ「けせら・せら」小清水亜美
OH!スーパーミルクチャン 「狼なんか怖くない」中村春香
エスパー魔美「テレポーテーション–恋の未確認–」橋本潮
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜「おれはウサミミ仮面」ウサミミ仮面(置鮎龍太郎)
きんぎょ注意報!「わぴこ元気予報!」内田順子
クレヨンしんちゃん「月灯りふんわり落ちてくる夜」小川七生
ゲゲゲの鬼太郎(第3シリーズ)「おばけがイクゾー 」吉幾三
同上(第4シリーズ)「イヤンなっちゃう節」憂歌団
金色のガっシュ!!「カサブタ」千綿ヒデノリ
スクライド「Reckless fire」井出泰彰
真ゲッターロボ 世界最後の日「今がその時だ」水木一郎
とっても! ラッキーマン 「ラッキーマンの歌」八代亜紀
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて「勝利だ!ビッグ・サイトロン」串田アキラ
冥王計画ゼオライマー「紅のロンリネス」山形ユキオ
へろへろくん「まわりひまわりへろへろくん」水木一郎&アップルパイ+The 4-B's
魔女の宅急便「「ルージュの伝言」荒井由実
みどりのマキバオー「走れマキバオー」FMAP(福井謙二、三宅正治、青嶋達也)
名探偵コナン「TRUTH〜A Great Detective of Love〜」TWO-MIX
勇者警察ジェイデッカー「HEART TO HEART」彩子

[特撮部門]
ウルトラマンティガ「Brave Love, TIGA」地球防衛団
ウルトラマンメビウス「ウルトラマンメビウス」Project DMM withウルトラ防衛隊
高速戦隊ターボレンジャー「高速戦隊ターボレンジャー」佐藤健太
忍者戦隊カクレンジャー「シークレット カクレンジャー」トゥー・チー・チェン

[ゲーム部門]
KOFシリーズ「サイコソルジャー」いろんな人

[番外編]
このまちだいすき「このまちだいすき」山本正之
なんでもQシリーズ「ニッポンのたぬき」知久寿焼(たま)
同上「ロバにのっていこう」アリシオン(外山亜里奈・鈴木詩織)

今回は当然ですが前回よりは大分少ないです。
しかしその分NHKの番組の歌も加えてみました。
スポンサーサイト

2008/09/23 (Tue) 22:35
アニソンなどについての雑談・富野作品編その12

12で扱う作品は、キングゲイナーです。

キングゲイナーといえば、やっぱりOPを語らざるを得ないですよね。
作詞:富野監督、作曲:田中公平、歌:福山芳樹という超豪華なメンバーで作られた曲。
曲だけでもすばらしい曲なんですが、その魅力はやはり今時珍しいタイトル名を叫ぶ歌詞でしょうね。
曲が始まっていきなり福山さんの歌声でタイトル名を叫ばれたら、インパクトは抜群ですよね。

そしてなんと言っても、その曲にあのOPの映像が付くことによって、一度見たら絶対に忘れない、ものすごいOPになるんですよね。
いやぁほんと、あのOPを初めてみた時は「な、なんだこれは!」と、いい意味で驚いたものです。

ああいうOPは他の監督にも造って欲しいものですね。

2008/09/21 (Sun) 22:26
アニソンなどについての雑談・富野作品編その11

11で扱う作品は、∀ガンダムです。

この作品でも多くの歌の作詞を行っている富野監督。
さらに他にも小林亜星さん、谷村新司さん、菅野よう子 さん、西城秀樹さん、奥井亜紀さんなど、すごいメンバーがそろっている作品です。
全ての歌が名曲なのですが、個人的に一番好きなのは「限りなき旅路」ですね。
最終話にしか使われていない曲ですが、すばらしい曲だと思います。
スパロボZで使われてたりしたら、うれしいなぁ。

BGMに関してもすばらしい曲が多く、スパロボZでの使用が期待されるのですが、個人的に∀は「音」の面でもすばらしい作品だと思うんですよね。
ガンダムシリーズの中でも「音」に関していえば∀は、かなり独特だと思います。
テレビで初めて聞いた時には結構、衝撃的だったんですよね。
金属がぶつかり合う音とかビームなどを発射する音が、従来のガンダム作品に比べてすごいリアルな感じがしたんですよね。
そんな音はスパロボα外伝でも再現されていたんですが、この∀の「音」はもっと語られてもいいんじゃないかと思いますね。

まぁ、私が知らないだけで、既に語られているのかもしれませんが。

2008/09/17 (Wed) 22:27
アニソンなどについての雑談・富野監督作品編その10

その10で扱う作品は、ブレンパワードです。

ブレンパワードでは、EDの歌詞は富野監督のもので、映像とも相俟ってすばらしいEDに仕上がっています。

しかし、ブレンといえばやはりOPでしょう。
曲だけを聴いても、歌詞がけっこう過激というかエロスな感じで、さらに歌声も異常なほど高いという大変インパクトに残る曲です。
ただ、ブレンのOPは、この曲自体のすごさに加えて、映像もすごすぎますからね。
本編に登場する女性キャラのほとんどが全裸で登場するOP映像とか、なかなか無いですよ。
一度見たら絶対に忘れないぐらいインパクトのあるOPだと思いますね。

まぁさらにすごいのは、うっかりOPにだまされて本編を見ると富野節満載過ぎて、富野節に慣れてない人には意味不明すぎる点だと思いますけどね。

2008/09/15 (Mon) 22:41
アニソンなどについての雑談・富野監督作品編その9

その9で扱う作品はF91とVガンダムです。

スパロボではBGMを使われることが多いF91ですが、2つあるテーマ曲はどちらも名曲ですよね。
どちらも森口博子さんが歌っていますが、2曲ともガンダム主題歌の中でもトップクラスの名曲だと思います。
そして知らなかったんですが森口さんは「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」で紅白に出てるんですね。
ガンダム主題歌で紅白に出たのはこの曲だけみたいですし、やっぱりこの曲は名曲なのだなぁと思いますね。

次に、色々と不遇な扱いを受けているVガンダムですが、音楽に関しては誰もが高評価なんですよね。
その音楽を担当しているのは千住明さん。数多くのドラマの音楽を手掛けている方ですね。
Wikipediaによれば、「『Vガンダム』の音楽は本人とファンからも最高傑作と呼ばれている」ということだし、富野監督自身も褒めたということですから、もっと音楽の面で語られてもいい作品のように思いますね。
そして主題歌も挿入歌も名曲ぞろいですが、やはり「いくつもの愛をかさねて」がその中でも人気が高いでしょうか。
この曲は曲自体もすばらしいものですが、使われているシーンとも相俟って、さらに感動度が高まるんですよね。
この曲もガンダムの曲の中でトップクラスの名曲だと思います。
音楽だよ!音楽を売りにするんだよ!

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。