プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/31 (Tue) 10:06
2013年を振り返る

今年ももう終わりますね。
そんなわけで、ちょっと今年を振り返ってみます。
今年いちばん衝撃的だったのは、やはりまどマギ劇場版でしょうか。
あのクライマックスは予想外というか、恐るべしという感じでしたね。
宮崎作品と高畑作品が公開された年でもあり、宮崎監督が長編アニメ引退を宣言した特別な年でもありました。

納谷悟郎さんや内海賢二さんなどの大物声優が亡くなった年でもありましたね。

大河原邦男展にも行きましたね。

まぁそんなわけで来年もよろしくお願いいたします。
なお喪中ですので、新年のご挨拶は遠慮させていただきます。
スポンサーサイト

2012/12/31 (Mon) 09:43
振り返ろう2012年

2012年も終わりですねぇ。

今年を振り返ると、やはり特撮博物館ははずせません。
本当にいい企画でした。巡回展もあるようですから、関西にきたらまた行きます。

漫画でいうと絶望先生の最終回が印象に残りました。
久米田先生の漫画って改蔵の頃からずっと同じパターンだったのでちょっと飽きてたんですが、クライマックスで一気に評価変わりました。
まさかあれだけ伏線張ってたとはねぇ…。最終回は本当に感動しました。

そしてなんといってもヱヴァQ。まぁぶっちゃけ見た後は無言になっちゃったんですが、次回作を早くみたいです。

スマイルプリキュアはキャラ人気が高まったなぁという感じ。

2011/12/31 (Sat) 15:43
2011年を振り返る

2011年も終わりですね。

今年は私的には、大学院を出て生活環境が大きく変わった一年でした。
特に、同年代の人間とほとんど接する機会がなくなったというのが一番の変化だったかもしれません。

そして今年は地震というものの恐ろしさを知った一年でもありました。
原子力の問題など、価値観が大きく変える一年でした。

また今年はアニメ関係者の訃報が多かったような気もします。
特に川上とも子さんの訃報は一番ショックでしたね。

あと今年は、仮面ライダーオーズも素晴らしかったし、ゴーカイジャーも面白いし特撮を楽しめた一年でもありました。
そういえば、アニソンライブに行き始めた年でもありましたね。

そんなわけで今年も色々ありましたが、よろしくお願いします。

2010/12/31 (Fri) 08:56
振り返ってみよう・2010年

今年も大晦日なのでやります。
2010年は、まさに2010年代が、どのような時代になるのかを模索するような年だった気がしますね。
はたしてこれからどんな時代が待っているのか。

まぁとりあえず、マクロスも宇宙に行かなかったし、日本がブリタニアに占領されなかったし、NERVも出来ませんでしたね。

・アニメ
よくよく考えると今年は、そんなにアニメ見てないんですよね。
ただ、私の周囲のあまりアニメ見てない人たちも、けいおんは話題にしてたので、やはり、けいおんはすごかったのかなと。
まぁ京都の場合、国勢調査の看板に使われてましたからね。
あと、私が歴史学専攻なので、やはり戦国BASARAは多少話題になりました。
ハートキャッチぷリキュアについては、最終回後にやります。

・特撮
仮面ライダーW
あまり悪い評判を聞かない気がします。
いや実際、面白かったですからね。終わり方も良かったし。

・ドラマ
ゲゲゲの女房
今年を象徴する作品でしょうか。
私も毎朝見てましたが、面白かった。
今という時代だからこそ、うけたのかもしれませんね。
マンガ界・アニメ界の有名人が色々出てきたのがよかった。アニメ界は一人だけだけど。

まぁそんなわけで、2010年も終わりです。
皆さん良いお年を、そして来年も宜しくお願いします。
来年は、時間も出来そうなので、またオフ会とかも計画しようかな。

2009/12/31 (Thu) 10:02
振り返ってみよう・2009年

今年最後の更新です。

2000年一ケタ台最後の年だったわけですが、日米共に政権が変わったり、釣りバカやはぐれ刑事が終わったりと、一つの時代が終わった印象のある年でした。
そんなわけで、2009年のアニメ等を中心に振り返っていきましょう。

<アニメ>
・獣の奏者 エリン
何回か書いてますが、私的には今年一番のアニメ。
NHKはやはり侮れない。

・フレッシュプリキュア!
始まる前は不安でしたが、いざ始まってみるとなかなかの良作。
最終回が楽しみですね。

・ルパン三世VS名探偵コナン
最初聞いた時は正気か!と思いましたが、面白かったなぁ。
それぞれの作品の良さを引き出せてたし、神谷さんの演技もすばらしいものがありました。
こういうコラボは、またやってほしいですね。

・真マジンガー 衝撃! Z編
これも始まる前は色々と言われていた感じでしたが、始まったらすごい話題になりましたね。
まぁ終わり方は賛否両論っぽいですが。

・ドラゴンボール改
何気に始まっていた作品。
余計なところをズバッとカットして放送しているわけですが、声が大分変わっちゃってるのが残念。
それにしても、カットと修正が無かったら再放送と一緒だよね。

・鋼の錬金術師
これも声が変わっちゃったキャラがいるのが残念だよなぁ。

・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
これはマジですごいと思いました。
初めてブルーレイが欲しいと思いましたからね。
それほどの映像の迫力、そしてストーリーの面白さがありました。
次回作が楽しみです。

<特撮>
・仮面ライダーディケイド
南光太郎が出てきたりと楽しみながら見れた作品でした。
ただ、最終回は残念でしたね。
劇場版を見たら、最後の評価は変わるんでしょうか。

今年はそれほどアニメ見てないなぁ。
それにしても、プリキュアオールスターがあったり、ディケイドがあったり、ヱヴァがあったり、お台場にガンダムが立ったり、コナンの映画が好評だったり、ウルトラマンの映画があったり、マクロスFの映画があったり、ワンピースが盛り上がって映画も好評だったりとアニメ的には良い年だったんじゃないかなぁと思いますね。

そして今年は、臼井先生が亡くなったことも私にとっては一つの時代の終わりでした。
三沢さんが亡くなったこともそうです。
世界的にいえば、マイケル・ジャクソンが亡くなった事は一つの時代の終わりを意味しているでしょうね。

一つの時代が終わったことを感じさせる2009年でしたが、来年からの2010年代は良い時代であってほしいですね。
それでは皆さん良いお年を。来年も宜しく。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。