プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/31 (Thu) 22:45
アニソンなどについての雑談・富野監督作品編その1

今回からしばらく、富野作品の音楽について語ろうかなと思います。
「その1」で扱う作品は、ザンボット3とダイターン3です。

まず、両者ともOPがいい感じです。
一度聴いただけで口ずさんでしまいそうなメロディーと歌詞なんですが、やっぱそういうのってアニソンにとっては大事ですよね。
ちなみに作曲は両者とも渡辺岳夫さん。この方も、アニソンを語る上では外せない方ですね。
歌詞に関しては「日本サンライズ企画室」となっているようですが、ダイターンの主題歌は富野監督が作詞したようですね。
ただ、個人的にはザンボットのEDも富野監督作詞かなと思ってたんですけどね。
なんとなく、歌詞がそんな感じかなぁと思ったりしたんですが。

というか、ザンボットのED「宇宙の星よ永遠に」は、すごい名曲ですよ。
なんといっても歌詞が、まさにザンボット3の内容を表しているような曲ですからね。
一度機会があれば、ぜひとも聴いてほしい曲です。
スポンサーサイト

2008/07/29 (Tue) 22:57
アニソンなどについての雑談・田中公平さん

この方もアニソン界では、めちゃくちゃ有名な人ですね。
代表曲はたくさん有るんですが、今回は敢えて、トップをねらえの音楽について語りたいと思います。
というのも、単に私がこの作品の音楽大好きだからなんですけどね。

まず、ガンバスターが初出撃するシーンでの音楽がたまりません。
あのデンドンデンドンのリズムを繰り返しながらガンバスターが出てくるシーンはしびれますね。
私も何か、入場・出撃しなければならない時があれば使いたいものです(どんな時だ)。

また、挿入曲の「トップをねらえ! ~Fly High~」も良かったですね。合体シーン&戦闘シーンという、最も盛り上がる場面で流れるという最高の使われ方をしている上に、曲としてもすごい盛り上がる熱い曲なんですよね。

そしてトップをねらえの音楽で忘れてはいけないのは、やはり最終話のラストシーンでの音楽でしょう。
最後のシーンに合わせた曲になってるんだと思いますが、あのラストシーンがとても感動的なものになっている一要因はあの曲でしょうね。

まぁそんわけで、田中公平さんについての雑談というより、トップをねらえの音楽についての雑談になってしまった感じですが、この方の曲は人によって好きな曲がそれぞれ違っているだろうなとは思います。
そしてどの曲もが、一度聞くと忘れられない印象に残る曲なんですよねぇ。

2008/07/27 (Sun) 22:42
27時間テレビなど

あまり見れなかったけど、27時間テレビのたけしが最高すぎた。
まさか、今の時代のゴールデンタイムに、あそこまでめちゃくちゃやるのを見られるとは。
やっぱ、たけしはすごいですねぇ。

(完全な内輪ネタ)
なるほど、マクロスは良い意味でB級であって、それこそが今の時代に評価されている主な理由というわけですね。
勉強になるなぁ。

2008/07/26 (Sat) 22:36
27時間テレビ

はねとびのコーナーがひどすぎましたね。

見てて不快だった。

2008/07/23 (Wed) 22:59
アニソンなどについての雑談・マクロスシリーズ編

マクロスシリーズといえば、戦闘機・歌・三角関係ですが、その歌にはすごい力を入れています。
そんなわけで、マクロスシリーズには名曲が多いのですが、私の知る範囲内で色々語ってみましょう。

まず、初代マクロスですが、これは劇場版の「愛おぼ」しか見ていません。
そんなわけで、テレビ版しか使われていない曲は知らないんですが、劇場版だけでも名曲ぞろいですよね。
「愛・おぼえていますか」は当然ですが、「私の彼はパイロット」とか「小白竜」とか「天使の絵の具」とかが印象に残りましたね。
また、歌だけじゃなく、BGMもいい曲が多いですね。一部はスパロボでも使われてますが、さすが、ハネケンというところでしょうか。

次にマクロスプラスですが、この作品の音楽を担当したのは菅野よう子さんで、印象に残るいい曲が多かったですね。
ただ、その中でも特に、スパロボでも使われたということもあって、「INFORMATION HIGH」が一番印象に残りました。
そしてこの曲の作曲者は、元電気グルーヴの人なんですね。さすが電気グルーヴというところでしょうか。

そしてマクロス7。この作品はBGMが一切無く、使われる音楽は、登場人物が歌う歌のみという作品でしたね。
そして、その主人公である熱気バサラの歌を担当したのが、福山芳樹さんなわけですが、個人的にJAMのメンバーで一番好きなのは、福山さんですね。
その理由を話すと、マクロスじゃなくてキングゲイナーの話になってしまうので、その話は後日ということで。

そして現在放送中のマクロスF。音楽を担当しているのは再び菅野さんです。
これまた、印象に残るいい曲が多いんですが、ランカが歌う「超時空飯店 娘々」とか「ニンジーン Loves you yeah!」とかは特に、いつのまにか口ずさんでしまうタイプの曲ですね。
そして私の現在のお気に入りは「星間飛行」なんですが、これは曲がどうのこうのというより、アニメ内での使われ方に、やられたー!という感じでしたね。
私的には結構、インパクトに残る使われ方だったんですが、ひょっとして25年前に初代マクロスを見ていた人も、ミンメイの曲の使われ方にインパクトを感じたのかなぁと思いましたね。
私の場合、愛おぼは、ネタバレを知った上で見たから、それほどインパクトは無かったですからねぇ。
初代マクロスをリアルタイムで見た人の感想とかは一度聞いてみたいところです。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。