プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/29 (Wed) 23:11
帰還報告と知りたいバトン

今日、帰ってきました。

ディアボロさんとこのお絵かきチャットの日にちを急遽変更させるという事態を引き起こしてしまったのですが、そのことについては謝罪しておきます。
もっと早くに言っておけばよかったですね。

まぁそんなわけで帰還報告と謝罪も兼ねて、まりもさんのバトンを拾おうと思います。

知りたいバトン

▼名前を教えて下さい(フリガナも付けて
修都(シュウト)

▼名前の由来を教えて下さい
分かる人は分かると思いますが、某総合格闘技の名前のパクリです。
まぁ他にも、ハンターのシュートに共感を感じたとか、プロレス用語で本気を意味する「シュート」とかそういう由来もあります。

▼今の名前は何代目ですか?
一応2代目です。一度、漢字を変えたから。

▼サイト名(ブログが主の人はブログで)を教えて下さい(フリガナも付けて)
カンガルーコンテスト

▼サイト(ブログ)名の由来は?
ありささんとこでのカンコンで、説明をちゃんと読まずに、「カンガルーコンテストの略ですか?」と質問したことに由来します。
まぁ私のネットでの原点は、あのサイトなので、その原点から何かいい名前を考えようと思ったんですよね。

▼サイト(ブログ)を開設してどのくらい経ちますか?
8ヶ月ぐらいかな。

▼そのサイト(ブログ)名は何代目ですか?
1代目です。

▼初めて出来たオン友は?
ありささんかなぁ。

▼いつどこで出会ったのですか?
ありささんのサイトです。
初めて見たのは、「死」の時、書き込み始めたのは、トーナメントの時ですね。

▼現在結構メールしているオン友は何人居ますか?
いません。

▼メル友じゃなくても交流のある人は?
リンクしている方とは交流があります。

▼自分が一番仲が良いと思ってるオン友は?
一番は選べないなぁ。
ただ、一番尊敬するのはありささん。一番、凄みを感じるのは105円均一さん。一番、ただ者じゃなさを感じるのはJ影虎さん。一番、面白いのはまりもさん。一番、共通性を感じるのはWHさん。一番、頼れるのはディアボロさん。一番、親しみを感じるのはたくさんさんですね。
あまり深く考えないように。

▼相互リンクはして貰ってますか?
してもらってますよ。

▼相互とブクマ、どちらが多いですか?
ブクマです。

▼ちなみにこのバトンを回してくれた人とは相互してますか?
してますよ。

▼このバトンを、成り立ちが知りたい1~10人の方に回して下さい。(アンカーは無し
やりたい人がやってくださいな。
スポンサーサイト

2008/10/23 (Thu) 22:39
近況報告とか

やっぱり明日の午後から、福岡に行くことになりそうです。
そして29日には帰ってきそうです。
それまではネットもスパロボもお預けですね。

・スパロボZ
現在35話。
レントンを捜しに行くルートを選びましたが、このルートは面白かったですね。
SRポイントも割りと簡単に取れたし。
でもこっちのルートだと、何の説明もなしにグレンダイザーが仲間になってるんですね。
いきなりいたからびっくりした。

2008/10/21 (Tue) 23:02
web拍手返信(10月20日分)とか

最近アニメの記事に興味津々です。私も89年あたりから気付いたらアニメを見ていたので共感できるものが多々あって、1人親近感プレイを楽しんでおる所存でございます。
「青いブリンク」というアニメは記述されてなかったと思うんですがご存知でしょうか?私は幼少期にこれの最終回に感動して泣いていたところを母親に発見されて「全然泣いてないし違うし」って号泣しながらツンデレしてました。流行先取り。
これからも更新楽しみにしておりますです。
あとダイソー的な掲示板で誰よりも先にお祝いコメントくださって有難うございました!そのすばやい行動が末恐ろしいです。
以上、初拍手に挑戦してみたまりもでした。

拍手ありがとうございます。楽しんでもらえて幸いです。

>「青いブリンク」
手塚作品ですか。
時期的にもテレビ局的にも、見ていておかしくない作品なんですが、残念ながら見ていた記憶はありません。
しかし、まりもさんを感動させるような作品ですから、きっとすばらしい作品なのでしょう。

>ダイソー的な掲示板
この表現いいですね。ちょっと使わせてもらったりしちゃおうかな。
すばやさだけが取り柄です。

・スパロボZ
現在31話が始まったところです。
SRポイントをけっこう取り逃がしてしまったので、現在ノーマルです。
しかし、ノーマルになっただけで、えらい簡単じゃないですか?
敵の改造度は下がるし、こっちの気力はガンガン上がっていくしでハードとはえらい違いです。
そして何気にいつのまにか、撃墜数1位がランドから桂に変わっていました。
ところで、エウレカセブンの面々の言動って、ちょっとイライラしない?

・予定
ひょっとしたら、24日の夜から福岡に向かうかもしれません。
帰ってくるのも、ちょっとまだ分からないんですが、30日までには帰ってきてると思います。
その間は更新がストップします。

2008/10/21 (Tue) 00:01
振り返ってみよう・1995年

1995年はニュース的にも色々あった年ですね。
正直、私が物心ついた時から日本のニュースって暗い話ばかりだった気がする。

<アニメ>
・ロミオの青い空
世界名作劇場は女の子が主役をやるっていうイメージがあったんだけど、この作品は男ばっかりだっか気がしますね。
あまり覚えてないんだけど、いい作品だった気がする。

・黄金勇者ゴルドラン
あんまり見てなかったんですよね。
今までの作品に比べて、キャラデザがあまり好みではなかったのかもしれません。

・美少女戦士セーラームーンSS
これも悪役が魅力的な作品でしたね。
最近ちょっと見返して、石田彰の恐ろしさを確認しました。

・ヤンボウ ニンボウ トンボウ
あまり覚えてないけど、物まねしてた記憶があります。

・新機動戦記ガンダムW
まず最初に思ったのは、シェンロンガンダムはドラゴンガンダムに似てるってことでしたね。
あと、これもどちらかといえばアニメよりボンボンのマンガの方をよく読んでましたね。
当時、読者コーナーとして「面白かったシーン」とか「怖かったシーン」みたいなのを募集してたんですけど、「怖かったシーン」で「お前を殺すと言われた時のリリーナの顔」とか「メガネを外したレディ・アン」とか入ってたのは笑った。
まぁこのシーンに関しては、マンガ版のほうを読めば、なんとなく分かると思います。

・アリス探偵局
これは面白かった。
子供向けだけど、ちゃんとミステリーになってたし。
天才てれびくんのアニメの中では一番好きですね。

・クマのプー太郎
これは面白かったけど、今だったら確実に深夜ですよね。
けっこうやばいネタもあったし。
そしてこの作品で矢島晶子の恐ろしさを知った。

・H2
見てたし、それなりに楽しんでたけど、基本的にあだち充作品は中高生以上じゃないと面白さが分からんと思う。

・ご近所物語
これは、ほとんど見てなかったんですけど、ちょっと見ただけの部分は面白かったんですよね。
この作者も今では大物ですね。

・モジャ公
この作品はかなり楽しみにしていた記憶があります。

・新世紀エヴァンゲリオン
ついに出ましたね。
まぁ放映当時は知らなかったんですよね。
知ったのは劇場版(シト新生の方)が公開されるに当たって、ボンボンで大々的に紹介されてたのがきっかけですね。しかし小学生向けのマンガ雑誌で、毎月のようにエヴァ大特集って、本当にあの頃のボンボンはすごかったなぁ。あの特集で、使徒の名前全部覚えたし。
ただ私が住んでいた地域では、ちょうどボンボンで特集されたぐらいにテレビ放送されたので、リアルタイムで見てるんですよね。
まぁやっぱ衝撃的でしたね。まずOPがすごかったですもん。曲自体もいいし、音楽に合わせて画面がテンポよく切り替わるっていうのも、見てて気持ちよかったですからね。
そして話も、まぁ理解はできませんでしたが、なにか引き付ける物がありましたからね。
そして個人的にはやっぱり「最後のシ者」の突然かかる第九、そして音楽も映像もしばらく止まって、「え、止まった?」って思わせたところでの握りつぶし、これはもう痺れましたね。
あの話の演出が一番好きです。
そしてついでに言えば、エロに関してもけっこうきついエロだったので、これは見ていいんだろうかなんてのも思ってましたね。

・クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
これも見に行きました。
この作品って前半は結構シリアスなんですよね。
それが印象に残りましたね。
ちなみに、クライマックスのロボットバトルは一見の価値有り。

・GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
まぁ当時は当然、名前しか知りませんでしたけどね。
でも確かボンボンの映画紹介で紹介されてたんですよね。
今思い返すと、あの映画紹介は小学生向けではなかったような気もしないではない。


<特撮>
・重甲ビーファイター
これは大好きなメタルヒーローシリーズの一つです。
特に好きなのは、なんといっても、前々作のジャンパーソンと前作のブルースワットのラスボスが復活し、それに対してビーファイターとジャンパーソンとブルースワットが協力して戦うっていう最後の方の話ですね。
今までの特撮番組でそんなことしたのは、この番組だけじゃないですか?
ジャンパーソンとかが出た時の興奮はすごいものがありました。

・超力戦隊オーレンジャー
これは第一話と最終回だけ見ました。
確か1話はいきなり侵略されてたので、それが印象に残りました。
あと最終回は敵側も、優しい心を持ったみたいな終わり方だったような気がするんですが、その敵が機械人類みたいなやつだったので、うちの親がその赤ちゃんを見て、「キモイ」って言ってましたね。

・ガメラ 大怪獣空中決戦
これは後にビデオで見ました。
ゴジラに比べて平成ガメラはグロかったですね。
この作品でも普通に人が喰われてたし。
平成ガメラ3作はどれも面白いんですけど、昔のガメラファンには、ガメラはしょぼくないとだめだって言う人もいるみたいですね。

・学校の怪談
特撮ではないような気もするけど。
これは見に行きました。
この頃は確か、皆学校の怪談を読んでましたね。
そして根も葉もない噂話とかやってましたね。
こういう怖い話が小学生の間で流行ったのって、この時期だけじゃなくて昔も現在もあるのかなぁ。
昔だと口裂け女とかがそれに当たるのかなぁ。
トイレの花子さんって私達の世代だけで流行ったものなのだろうか。

・ゴジラvsデストロイア
出ましたね。
私にとってのゴジラは、ここで死にました。
もう公開前から、どうなっちゃうんだぁとわくわくしながら、さびしくもありましたね。
個人的には昔からのファン向けのこともやったり、エンドロールで今までの作品振り返ったりと、この時点でのゴジラ最終作としては、よかったんじゃないかなと思います。

<テレビ番組>
・金田一少年の事件簿
これは当時の人気はすごかったですよね。
皆これでマンガの方も知ったし、堂本剛とかも知りましたよね。
犯人はこの中にいる!の後に容疑者全員の顔が順番に映る手法がよかったですよね。
あとこの作品からミステリーが流行りだしたと思う。

・ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!
イライラ棒は流行りましたよねぇ。
あれをクリアした人達は、今何をやっているんだろう(普通の一般人だろうけど)。

<ボンボン>
・運の王様
果たしてこれを覚えている人はどれだけいるのだろうか。
私はお菓子買いまくってましたよ。今でも大量のシールが実家にあります。
キャラクターとしては、けっこう格好いいものもあったりで良かったと思うんですけどね。

・王ドロボウJING
これはすごかったですよね。
今でも、なんでボンボンでやってたんだって言われるマンガですしね。
でも最初はまだ、割と子供向けを意識してたような気もするんですよ。絵の書き込み量は尋常じゃなかったですけど。
まぁ途中から、絵もストーリーも段々、大人向けっぽくなっていきましたけどね。
でも私としては年齢的にも段々成長していた頃ですから、ある意味、ジンを読みながら少しずつ大人になっていったっていう部分もあるんですよね。

・ストリートファイターII V烈伝
これもすごかった。
何がすごいってジン同様、絵がボンボン向けじゃないっていうのもあったし、とにかくグロかったですからね。
特に米軍がティラノサウルスに襲撃される話は、大腸やら脳みそやら丸出しでしたからね。
ちなみに作者は後に青年誌に行きましたね。

・へろへろくん
へろへろくんは面白かった。
当時のボンボンのギャグ層は厚かったと思います。
翌年になると、さらに厚くなっていきますしね。

・みなさ~ん!ボンバーマンですヨ!!
これも好きでしたね。なんていうかちょっとオタク向けっぽいネタも多かったし。
しかし、作者の佐藤元が、実はすごい人だったということを知ったのは、だいぶ後になってからだったね。

<まとめ>
全体的にいえることは、90年代初めに始まった新しい流れが、95年、そして次回見ていく96年に頂点に達したといえると思います。
また、エヴァ、天地無用、スレイヤーズといった、私より少し上の世代の人が、何時間でも語れそうな作品が一気に出てきた年でもありますね。
ただ、90年代中盤の頂点は、今でも引きずられたままなんじゃないかなとも思いますね。
この頂点に再び達することが、今後果たしてあるのだろうかとも感じます。
最近になって、この頃の作品をリメイクしたりしてますしね。

またボンボン的にも、95年から数年は黄金期だったと思いますね。
子供向け雑誌であり、そういうマンガも載せながら、大人向けっぽいこともやって、それが上手く両立できていた頃だと思います。
まぁ、それを両立できなくなって以降、ボンボンは休刊へと進んでいくことになるのですが。

2008/10/19 (Sun) 00:08
振り返ってみよう・1994年

<アニメ>
・赤ずきんチャチャ
これは面白かったですよね。
今でも好きだって言う人けっこういますし。
一応、女の子向けアニメなんだけど、男もけっこう抵抗なく見られた作品でしたね。

・七つの海のティコ
途中で主人公達が日本に来てましたよね。

・勇者警察ジェイデッカー
パトカーが変身するっていうのが、すごい印象に残りましたね。
年齢的なこともあったかもしれませんが、勇者シリーズを楽しんで見れたのはこの作品まででしたね。

・ママレードボーイ
朝っぱらから濃い内容のものを放送してたよなぁって感じですよね。
この作品以降、日曜朝8時半は女の子向けの時間になったので、しばらくこの時間の作品は見てませんでしたね。

・美少女戦士セーラームーンS
セーラー戦士が全員でたのはこの作品でしたっけ。
とにかくこの作品は悪役が魅力的でしたよね。
教授のコント?が好きでした。

・機動武闘伝Gガンダム
2つ目に見たガンダムがこれだっていうのも、なんかすごい気がしますが、やっぱりかなり印象に残ってますよね。
このガンダムだけ好きだって言う人もたまにいますね。
まぁ色々意見はあるでしょうが、あそこまでの大団円で終わらせたっていうのは、評価すべきではないでしょうか。

・ジーンダイバー
天才てれびくん2作目のアニメですね。
これも前年に引き続き、なんか暗い展開になっていきましたよね。
そういや金曜日にやってたドラマも暗い話ばかりやってましたよね。
そういうのが好きだったのか?

・とっても!ラッキーマン
これは、はまりましたね。
小学生には、うけがよかったんじゃないかと思います。
出てくるキャラも小学生が考えそうなのばかりでしたしね。(別に批判しているわけではない)

・とんでぶーりん
これって女の子向けだったんですかね?
まぁあんまり性別を問わない作品だったとは思いますが。
うちの親も、豚のヒーローに変身するっていう設定は、妙にツボだったようです。

・マクロス7
これはリアルタイムで見てたかどうか覚えてません。
再放送を見たのは確実なんですが。
全体的には面白い作品なんですが、やっぱ一年は長かったんじゃないかと思いますね。
別にこの話いらないんじゃない?っていう話けっこうありましたし。

・魔法陣グルグル
きましたね。
この頃のテレビ朝日のアニメはすばらしかった。
確か次回予告の時はあんまり面白そうじゃないなぁと思ったんですが、実際に始まったら、もう笑いっぱなしでしたね。
そしてやはりなんといってもキタキタおやじですよね。
あれは当時の小学生は、みんな踊ってましたよ。
ついでにいえばうちの親も、あれはかなりツボだったようです。

・魔法騎士レイアース
ついにCLAMPが出ましたね。
当時はただの女の子向けアニメっていう印象しかなかったんですが、今見返したりすると、色々と驚かされますよね。
そもそもロボットとかこんなに出てたっけとか思わされますし。
まぁ主題歌は文句なくすばらしかったですよね。

・クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝
これも見に行きましたね。
この映画にはオカマキャラが2人出てるんですが、この頃って、今のオネエ系とは違うタイプの「ニューハーフ」とか「オカマ」が流行ってた時代だった気がします。

<特撮>
・ブルースワット
この作品はあまりピンとこなかったなぁ。
前作のジャンパーソンの敵に比べると、敵がエイリアンっていうのはちょっと地味だったのかもしれません。
まぁ次のビーファイターの最後の方の話の、長い前振りだったと考えれば問題ないんですが。

・忍者戦隊カクレンジャー
これは面白かったなぁ。
妖怪が現代風にアレンジされてるっていう設定も良かったし、キャラクターやストーリーも面白かったですしね。
そしてケイン・コスギ。

・ゴジラvsスペースゴジラ
これも見に行きました。
確か福岡タワーで戦ってましたよね。

<テレビ番組>
・めざましテレビ
これも10年ちょいやってるんですね。
この番組といえば、やっぱり某女子アナのビル落下事件ですよね。
あれは私、リアルタイムで見ましたからね。
あんな放送事故は、これからも滅多に見れないと思う。

・家なき子
今考えてみたら、とんでもない内容のドラマ放送してましたよね。
あの時代は、まだ大らかな部分があったんですかねぇ。

・警部補 古畑任三郎
私が見始めたのは第2期からなんで、第1期は再放送でしか見てないですね。
携帯電話が普及してない頃なので、鶴瓶の事件なんかは今見ると時代をちょっと感じます。

・お金がない!
何気にこの年は、貧乏を扱ったドラマが2作も作られてたんですね。
時代的には、そろそろ日本社会全体が暗くなり始めたころでしょうか。

<ゲーム>
・セガサターン、プレイステーション、その他発売
この年と次の年はまだスーファミ全盛の時代だったんではないでしょうか。
確かに今思い返してみても、小学生の興味を引きそうな作品はまだスーファミで出てた頃ですよね。

<ボンボン>
・ロックマンX
ついに始まりましたロックマンX。
まぁこれも以前色々語ったのでそっちを見て欲しいんですが、やっぱ攻略に使えないゲーム原作マンガでストーリーがハードっていうのは当時の私には衝撃的だったんですよ。

・戦え!? バトンQ
これも面白かったなぁ。
だんくと同時期ぐらいに始まった記憶があったんですが、けっこうなズレがあったんですね。
ちなみに主人公達は、昔話の主人公達の子孫っていう設定があるんですが、私は主人公達の名前と格好で事前に、そうじゃないかなと予想してましたね。(まぁ他にも予想してる人いたかもしれませんが)
ただ、ブラックの鞍馬天狗だけは流石に分かりませんでしたね。
一人だけ昔話じゃないし。

・Jキッズ牙
そういやこの頃ってJリーグが流行ってましたっけ。
といっても皆ヴェルディを応援してた記憶があるんですが。
今でもよくテレビで見る人ってヴェルディ出身の人多いんじゃないですか。

・ときた洸一
Gガンダムからは、ときた先生が書いてたんですよね。
ときた先生の絵って今思うと、女の子にもうける絵だったんだろうなぁと思いますね。
後四コマの風雲再起がよかったよね。

・ストII 4コマ笑龍拳
これはシュールでしたよね。
たぶん当時は理解できなかったネタがたくさんあると思う。
あとこの作者の、よしむら先生はボンボンでのスパロボFアンソロジーでイデオンネタを書きまくってたから、イデオンファンだったのかもしれませんね。
ついでにいえばそのアンソロジーで、コンバトラーチームの大作が綾波レイのエロ同人誌書いてて、ブライトから、コンバトラーチームは大作君を援護しろって言われるネタがあるんだけど、これは絶対に当時は理解できなかったネタですよね。

・プラモウォーズ
これも面白かったですよね。
しかしプラモを使って仮想空間で戦うっていうのは、いつか実現したりするんでしょうかね。
そういや長谷川指導員と奥田教授は今何やってるんだろう。
けっこう偉い人になってたりするんでしょうか。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。