プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/27 (Fri) 22:55
振り返ってみよう・スパロボでのダイターン3

シリーズものには、ほぼ必ずといっていいほど参戦している作品。
万丈さんが必ずといっていいほどリーダー的存在になるのも、おなじみですね。
Zでも仲間割れを治めたり、ステラを助けたりと大活躍です。

ただ、原作再現は少ないんですよね。
メガノイドと闘うことはあまりありません。
しかし、ドン・ザウサーが出る時は、必ず強敵ですね。
声優さんの都合で声はつかないんですけど、大物っぷりを発揮してくれます。

声優といえば、鈴置さんが亡くなられたので、万丈の新録は今後絶対に無いんですよね…。
それだけが残念です。
スポンサーサイト

2009/02/25 (Wed) 22:37
振り返ってみよう・スパロボでのライディーン

知名度が高いということもあって(何気にゲッターより知られているのでは)、参戦回数も多い作品。
しかし原作再現は、ほとんど行われていないんですよね。シャーキンの話は何回かやりましたが。
αシリーズなんて、いつのまにか妖魔帝国が滅びてましたからね。
しかし、MXではラーゼフォン(ライディーンが元ネタなのは有名な話)とのクロスオーバーが見られたり、αシリーズでも宇宙怪獣の存在を知っていたりと、ストーリーで重要な役割を果たすことが多いですね。
1万2千年前に作られたという設定は、色々と便利なんでしょうか。

また、ライディーンといえば第4次でのゴッドボイスイベントを忘れちゃいけませんね。
最近は無くなりましたが、この作品ではゴッドボイスを使いすぎると最終話にライディーンを出せないというイベントがあったんですよね。

それにしてもロボットアニメには「1万2千年」という数字がよく使われるような気がするんですが(トップをねらえやアクエリオンなど)、その元祖はライディーンなんでしょうね。

2009/02/24 (Tue) 21:36
近況報告

今日、実家に帰ってきました。
そして、私のPCのディスプレイが故障しました…。
ウィルスに感染した実家のPCが復旧したと思ったら、私のPCが故障するとは…。

最初にアナキンの姿を見た時は…あんなかわいい子供があんな変態マスクになるとはとても想像できませんでした…
確かにEP1のアナキンは、後のアナキンと同一人物だとは思えませんね。
ただ、かわいいかわいいと、ちやほやされた子役は、大人になると人生を破滅させることが多いので、アナキンもそのたぐいだったのかもしれません。

2009/02/21 (Sat) 23:18
雑感

今日見たスターウォーズで、スターウォーズ6部作は全部見たことになりました。

アナキンがダース・ベーダーになった最大の理由は、恋人のことしか考えられなくなり、全ての行動の優先順位が恋人のためになってしまったアナキンがバカだったからですが、その行動の結果、恋人が死ぬんだからバカの極みですね。
ただ、周りの人間の行動によっては、ダース・ベイダーにならなかったんじゃないかなとは思いますね。オビワン自身も、そんな感じの事言ってますけど、オビワンが指導者としてもっと優れていたら、話は変わっていたんじゃないかなとは思います。
まぁそれでも、アナキンの行動は擁護できませんが。

ところでスターウォーズって、ファーストガンダム並に、後付け設定が多い感じがするんですが、とりあえず矛盾点が出ないようにはしてたみたいですね。

2009/02/18 (Wed) 22:43
振り返ってみよう・スパロボでのF91

ウィンキー時代は、毎回のように登場していましたが、最近はあまり出てきませんね。
まぁ参戦しても、キャラだけ出て、ほとんど原作再現は無いんですけどね。というか、再現してもすぐ終わってしまうか?

ただ、EXでの強さは尋常じゃなかったですね。
ヴェスバーが長射程な上に、攻撃力も申し分なし。まさにボスキラーでした。
F91が一番輝いていた作品かもしれません。

そういや、スーパーファミコンのEXでは、ヴェスバーをちゃんと描写していたのに、PSの第4次では、頭から発射しているなんてこともありましたねぇ。

今後、この作品が新たに参戦するのかというのも注目ですね。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。