プロフィール

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/18 (Mon) 23:15
ガイドキラー番外編・沖縄県のもう一つの歴史

遂に最後の県、沖縄県ですね。

・1945年 沖縄上空で、迫水真次郎がバイストン・ウェルへ召還される(リーンの翼)
・1974年 ゴジラ・メカゴジラ・キングシーサーが現れる(ゴジラ対メカゴジラ)
・1997年 モスラ・ダガーラが現れる(モスラ2 海底の大決戦)
・20世紀後半 久高島に卑弥呼の後継者出現。火の民族と日の民族の対立の中で、ヤマタイカが行われる(ヤマタイカ)
・2005年頃 コザに住む音無小夜がハジと出会う(BLOOD+)
・2007年頃 荒岩まことが琉国大学に入学(クッキングパパ)
        沖縄旅行中の野原一家が不思議な円盤を発見(クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!)
・2008年頃 琉神マブヤーが活躍(琉神マブヤー)
・2021年 沖縄女子宇宙高校のタカヤ・ノリコ、アマノ・カズミが宇宙へ(トップをねらえ!)
・2032年 ノリコ、カズミが沖女を卒業。18歳(?)のノリコ、26歳になり子どももいる友人キミコと再会。(トップをねらえ!)
・2048年 沖女の教師になっていたカズミ、再び宇宙へ。(トップをねらえ!)
・近未来 下地島基地のメテオスイーパーが色々がんばった(ストラスト・フォー)
・14292年7月6日 ラルク・メルク・マールがヤンバルクイナを調査。ノリコとカズミが乗ったガンバスターが帰還。「オカエリナサト」(トップをねらえ!・トップをねらえ2!) 

多かったので、色々カットしていますが、沖縄はSFとファンタジーと思いやりの県なようです。
しかし、濃い。
そしてトップをねらえは、あと11年後なのか。絶対無理だなぁ。
とりあえず、「ごめんキミコもう会えない」までは私も生きていたいですね。
ちなみに、トップをねらえ!がやけに多いのは、単に私がこの作品好きだからです。

そんなわけで、ガイドキラー番外編も全都道府県を終了しましたね。
次回の更新は、総括です。

2010/10/16 (Sat) 22:45
雑感

・NHKのプロフェッショナル
今日は松本人志さんだったわけですが、この前放送された笑う犬なんかを思い出してみると、自分は松本人志さんのコントよりも内村光良さんのコントの方が好きかもしれないなと思いましたね。
ウッチャンがどういう風にコントを作っているかは分かりませんが、松っちゃんほど、ややこしく考えないんじゃないかなぁという気はします。

2人のコントを比較して思うのは、松っちゃんって何が好きなのかとか、何を目指しているのかとか、松っちゃんがどういう人間なのか非常に分かりにくいのに対して、ウッチャンはジャッキー・チェンが大好きなんだなぁとか、アクション映画をやりたかったんだなぁとか、ウッチャンがどういう人間なのかがすごいよく分かると思うんですよ。
そういう点で私は、ウッチャンのコントのほうが好きだなぁと思う。
ま、好みは人それぞれですけどね。

2010/10/14 (Thu) 22:52
ガイドキラー番外編・鹿児島県のもう一つの歴史

今回は鹿児島県です。

・幕末 色んな西郷隆盛や大久保利通がいた。基本的に、大久保はちょっと悪人っぽい。あと宮崎あおいっぽい篤姫の出身地。(薩摩藩を扱った作品)
・1991年頃 浜津学園高校のアイスホッケー部に助っ人がやってくる。しかし、いつのまにか下ネタな日常になる。(行け!!南国アイスホッケー部)
・1994年 ゴジラが現れる(ゴジラvsスペースゴジラ)
・2001年 池田湖にモスラが現れる(ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃)

色々とありますが、やはり幕末の印象が強いかなと。
西郷・大久保は、もはやキャラが固定化されていますが、篤姫を取り上げたのは、画期的だったんじゃないかなと。
まぁ本当に活躍していたかはともかく。

2010/10/11 (Mon) 22:39
ガイドキラー番外編・宮崎県のもう一つの歴史

今回は宮崎県です。

・20XX年 宮崎県沖で地震。加久藤火山が噴火。(死都日本)

うおおっ。少ねぇ。
宮崎は、知事があの人になるまで、野球のキャンプ地ぐらいでしか知られていない感じはありますが、ここまで少ないとは。

2010/10/09 (Sat) 23:16
雑感

・ハムナプトラ3
いやぁ突っ込みどころ満載な映画でしたね。
まぁハムナプトラは毎回そうですが。
ただ、今回のは冒険っていう感じはしなかったなぁ、
あと、ハムナプトラはギャグキャラである兄さんの活躍を楽しむ映画だと思っているんですが、兄さんの活躍が少なかったのも残念。
仲間が雪男を呼び出したところとジェット・リーがキングギドラになったところは笑いましたが。

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。