プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/30 (Sat) 21:22
ガイドキラー外伝・京都府関連の偉人・岩倉具視編

今回は岩倉具視です。

・岩倉具視
公卿の次男として生まれる。
岩倉家の養子になる。
歌道で関白の門流となったことで、受け入れられるかはともかく、上部へ発言を行うようになった。
外国との条約を結ぶかどうか国内で騒ぎになった際は、反対派だった。
和宮降嫁の際、共に江戸に向かっている。
岩倉は、朝廷権威高揚のために公武合体派として行動していたとされているが、和宮降嫁賛成等で尊王攘夷派から敵対意識をもたれてしまう。
その結果、朝廷から去らなければならなくなってしまい出家、さらにその後も洛中から追放される事となる。
ただ、禁門の変で尊皇攘夷派が京都から一掃され、薩摩藩とも親しくなる。
この頃、公武合体派から討幕派になったとされている。
明治天皇が即位すると、大赦で赦されている。
大政奉還後は、大久保利通らと王政復古を計画。
それは成功する。
そして新政府の主要メンバーとなる。
維新後は、不平等条約改正のため大使として使節団を率いて欧米諸国を巡っている。この際、髷を切っている。
帰国後、征韓論論争が起こるが、岩倉使節団のメンバーは征韓論に反対。征韓論メンバーは政府を去った。
そのため、岩倉は襲撃されるが命に別条は無かった。

この人はどうなんですかね。
あんまり、いいイメージを持たれている人ではない気もしますが。
孝明天皇暗殺疑惑なんかも持たれていますが、裏で色々暗躍していた人ということで評判悪いんでしょうかね。
西郷ファンからもなんとなく嫌われていたりするんだろうか。


スポンサーサイト

2011/04/27 (Wed) 21:54
ガイドキラー外伝・京都府関連の偉人・足利義満編

今回は足利義満です。

・足利義満
南北朝の争いが激しい時期に生まれた。
父の死後、10歳で将軍になっている。
邸宅を北小路室町に移した。このことで、現在この時期の幕府を室町幕府と呼ぶ。
幕府機構の整備や有力勢力の撃退を行った。
また南北朝分裂も終わらせた。
将軍を息子に譲った後も、実権は握り続けた。
そして太政大臣になり、出家も行っている。
また明との貿易、いわゆる勘合貿易も行っている。
そして北山第(後のいわゆる金閣寺)も造営。

室町幕府将軍で一番有名であり、一番力を持っていた人でしょう。
天皇になろうとしたんだという話までありますね。
一般的には一休さんで有名でしょうか。

2011/04/25 (Mon) 20:43
ガイドキラー外伝・京都府関連の偉人・藤原道長編

今回は京都ですが、ここもいっぱいいます。何人か絞ってやってみますか。
まずは藤原道長。

・藤原道長
藤原家の家に生まれる。
左大臣の娘達と結婚している。
摂政の父親が死ぬと、長男である兄の道隆がその跡を継いだ。
道隆が死ぬと、次男の道兼が継いだが、道兼は早々と死亡している。
その跡をめぐって、道隆の息子である伊周と三男の道長が争ったとされている。
ただ、伊周は女性関係を原因として、花山法皇に矢を射掛けた。
そのために伊周は失脚し、道長は左大臣となって実質的な権力のトップに立った。
そして長女を入内させ、皇后にした。
そして孫として親王達が生まれた。
また、次女も皇后にしている。
そして長女の息子が天皇となり、道長は摂政になった。
その後、摂政は嫡男に譲っている。
そして、三女も入内させている。
末女も入内させているが、その娘は早くに死亡している。

平安貴族の象徴みたいなイメージを持たれている人物でしょうか。
娘達を皇族と結婚させて権力を握っていくという姿は、悪役のようにもみえますが、その権力掌握ストーリーは、現代劇にもできそうな面白いものだと思いますね。
ちなみに、平安貴族ってろくに何もしていなかったイメージを持たれているみたいですけど、それは偏見なんじゃないかなぁと思う。

2011/04/23 (Sat) 21:27
ガイドキラー外伝・滋賀県関連の偉人編

今回は滋賀県です。

・浅井長政
現在の安土町に生まれる。
長政が生まれた時、浅井氏は六角氏に臣従していた。
そのため、六角氏の家臣の娘と結婚している。
しかし、浅井氏家臣たちは、その状況に不満を抱いていたため、長政の父親を追放、隠居させた。
その後、長政が家督を継ぎ、妻も返上、六角氏との戦いが始まる。
そして、信長からの同盟の申し出があり、同盟を結ぶ際に、信長の妹である市と結婚した。
信長の力も得て、六角氏を撃退した。
ただ、信長は浅井氏と同盟関係にある朝倉氏を攻撃。長政は、朝倉との関係を重視して、信長軍を攻撃した。
この後、信長包囲網の一つとして浅井氏は信長と戦うようになる。
最終的には、信長軍の力の前に敗北。
妻や娘を逃がして、自身は自害した。
その娘達というのが、有名な浅井三姉妹である、
長女の淀は秀吉の側室となって秀頼を生み、大坂の陣で自決。
次女の初は、京極家の正室。
三女の江は、2代将軍秀忠の正室となり、3代将軍家光を生んだ。

戦国時代ものでは、一家そろって必ず登場する武将です。
やはり、妻や娘達を含めた、波乱万丈な人生がうけるんでしょうかねぇ。
特に娘達は三者三様な生き方をたどっているところが、魅力的なのでしょうか。
ちなみに長政は、BASARAではなぜか正義、正義とうるさい人になっています。
まぁ市は、もっとやばい人になっていますが。

・石田三成
現在の石田町に土豪石田氏の家に生まれる。
秀吉が長浜城主になった頃、一家そろって仕官したとされている。
そして、秀吉側近として活躍していくこととなる。
堺奉行、九州平定後は博多奉行に任じられている。
朝鮮出兵では、総奉行になっている。
京都奉行にもなっている。
秀吉死後、家康が台頭してくると、家康と対立。
上杉景勝と共に、家康妥打倒を計画、挙兵。大谷吉継も味方にした。
関ヶ原の戦いでは、小早川秀秋の裏切りなどもあって敗北。
逃亡していたが、捕まり、斬首された。

三成は滋賀県出身だったんですね。
一般的には、武将としてではなく、官僚として優秀だったといわれていますが、色んな奉行を歴任しているあたり、その通りだったのでしょうかね。
ちなみにBASARAでは、秀吉を殺した家康への復讐しか考えられない危ない人になっています。

2011/04/21 (Thu) 22:34
雑感

・スパロボ
う~む、発売から一週間が経ったが、いまだにスパロボが出来ない。
いつになったらPSPは手に入るんだ?

まぁとりあえず明日は、後輩や先生達が私の地元の県に遠足に来るらしいので、それに合流しようと思います。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。