プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/30 (Mon) 21:26
ガイドキラー外伝・山口県関連の偉人・木戸孝允(桂小五郎)編

この人は外せませんな。

・木戸孝允(桂小五郎)
萩の城下町に藩医の長男として生まれる。
病弱であったため、桂家の養子となり、武士の身分となった。
藩内の親試で2度褒章を受け、吉田松陰に学ぶなど、学問で注目され始める。
剣術修行のため、江戸に行き、才能を発揮して剣術でも有名となる。
ペリーが来航すると、関東の海岸辺りを実際に見学している。
そしてさらに英語など多くの技術を学んでいく。
藩内でも頭角を現し、藩論を開国攘夷にしていく。
ただ、京都にいた際、蛤御門の変がおき、それ以後は潜伏生活として、但馬出石に潜伏する。
長州で高杉がクーデターを起こした後、リーダーとして長州に迎えられる。
そして、明治維新後は庶政の実質的最終責任者となり、多くの政策を実行している。
ただ、海外視察後、体調を悪くしていく。
また、明治政府の進めた政策に反対することも多く、台湾出兵には抗議して、職を辞している。
大阪会議後、立憲政体を進めること、議会を開くこと、三権分立を条件として政府に復帰。
西南戦争が起きた際、ますます病状が悪化。そして、「西郷もいいかげんにしないか」と言って死亡したとされている。

この人も、めちゃくちゃ人気ある人ですね。
ただ、もとは医者の家だったんですね。これは知りませんでした。
45歳で死亡したわけですが、もっと長生きしていたら明治時代はどうなっていたんだろうと考えてしまう人物の一人ですね。
もっと、違うものになったんだろうか。
スポンサーサイト

2011/05/28 (Sat) 21:25
ガイドキラー外伝・山口県関連の偉人・高杉晋作編

今回から山口県です。まずはこの人から。

・高杉晋作
萩の城下町に藩士の長男として生まれる。
吉田松陰の松下村塾で学んだ後、江戸にも遊学。
町奉行の娘と結婚する。
東北にも遊学、さらに上海にも行っている。この時の経験が、高杉に大きな影響を与えたとされている。
この頃、長州藩では尊皇攘夷が盛り上がっており、高杉もそれに参加。
どちらかといえば、過激な行動をとっており、品川に建設中の英国公使館を焼き討ちしたりしている。
長州で、身分に因らない部隊である奇兵隊を結成する。
ただ、この後高杉は、藩からは過激派として追われる立場になる。
そして、奇兵隊らを率いて、長州藩で対立していたグループを排斥。実権を握ることとなる。
その後も、幕末の情勢の中で活躍するのだが、肺結核のため大政奉還前に死亡する。

幕末の有名人の中でも、トップクラスで人気ある人ですね。
幕末を扱った作品には絶対に出てくる人ですが、その扱われ方には作品によっては差があるようにも思います。
個人的には、るろうに剣心の高杉が印象に残っていますね。

2011/05/25 (Wed) 21:26
ガイドキラー外伝・広島県関連の偉人編

広島といえば、やっぱりこの人なのかなぁ。

・毛利元就
安芸の国人領主の家に次男として生まれる。
父の死後、家臣に所領を横領され、城を追い出されている。
家督は長男の興元が継いでいたが、その興元死亡後、跡を継いだのは興元の嫡男。
ただ、その嫡男が幼かったため、元就が後見役となった。
この頃の毛利家は、安芸武田家に攻められ、滅亡寸前であったが、元就の活躍で安芸武田家を撃退。
そして尼子氏に臣従している。
興元の嫡男死亡後、元就が毛利家の当主になるが、それに反発する家臣の一部が尼子氏の支援の下に反乱。
それは鎮圧するが、これがきっかけで、元就は尼子氏から大内氏に臣従する。
そして本拠地を攻めてきた尼子晴久を撃退したことで、安芸国の中心的存在となる。安芸武田氏も滅亡させている。
また、妻の実家である吉川家に次男を養子として送り込み、当主を無理やり隠居・殺害して吉川家を乗っ取り。
小早川家に対しても、後見役を殺害し、幼少である当主を出家させ、三男を当主として送り込んで、乗っ取っている。
こうして、いわゆる毛利両川体制を確立し、安芸一国を手中に収めた。
大内義隆が家臣の陶隆房の謀反で殺されると、元就は陶氏と協力した。
ただ、元就が勢力を拡大させていくと、陶氏と対立していく。
そして遂に戦いが起こり、元就は陶氏に勝利した。
また、大内氏も滅亡させた。
家督を嫡男に譲った後も実権は握っている。
尼子晴久が死亡すると、出雲に侵攻を開始。尼子氏を降伏させている。
この結果、中国地方を支配する大大名となった。
晩年、足利義昭から信長に敵対するよう働きかけられているが、元就はそれに参加していない。

3本の矢で有名な人物ですね。
謀略をめぐらせて中国地方を治めたとされている人物ですが、人気は高いように思います。
ただ、BASARAではその謀略の部分がやたら強調されているのか、ものすごい悪役の策略家になっています。
ぶっちゃけBASARAで一番の悪役かもしれません。
でも、逆にそれで人気が高いというのだから、面白いものです。

2011/05/23 (Mon) 21:28
ガイドキラー外伝・島根県関連の偉人編

今回は島根県です。

・尼子経久
出雲に出雲守護代尼子氏の嫡男として生まれる。
人質として出雲守護の京極家の京屋敷へ送られている。
家督を相続すると、守護の京極家に反抗するなど行ったが、これが原因で幕府・京極家・国人を敵にまわし、出雲から追い出され、流浪の時代を送ったと伝えられている。
流浪時代の事は、物語が有名であって、事実がどうだったのかは分からないが、出雲に帰っている。
これ以後、中国地方で勢力を拡大させていくが、この際対立したのが大内氏であった。
また毛利元就が尼子傘下にいたが、離反している。
さらに三男の離反も起こっている。
だが、その反乱は鎮圧している。
家督は孫の晴久に譲っている。

中国の三大謀将ともいわれ、あまり評判はよくない人物かもしれません。
特に毛利元就を主人公にすると悪役になっちゃうんでしょうかねぇ。

・尼子晴久
経久の嫡男の次男として生まれるが、長男は死亡していたため、実質的に嫡男として育てられる。
また父親も戦死していたため、経久の跡を継いだ。
中国地方で勢力を拡大していくが、大内氏・毛利元就と対立していく。
大内義隆が謀反で死亡すると、幕府から中国地方8箇国(出雲・隠岐・伯耆・因幡・美作・備前・備中・備後)の守護に任ぜられている。

やっぱりあれなんでしょうね。毛利元就が主人公になると尼子氏は悪役になっちゃんでしょうね。
島根の人は尼子氏好きなんだろうか。
ちなみにBASARAでは、晴久は鳥取砂丘の中に潜ったり飛び出したりする人になっています。

・山中幸盛
いわゆる山中鹿之助。
尼子氏家臣。
尼子氏は、晴久の息子である義久が毛利元就に降ったため、滅びている。
そのため、幸盛は尼子氏再興を目指す。
信長の力を得て3度行動を起こしたとされているが失敗。
毛利氏に謀殺されたといわれている。

戦国時代好きの間では、有名だったりする人物ですが、物語として伝えられている事が多いため、どこまでが真実なのかは分からない人物。
ただ、こうやってみると、経久~尼子氏再興画策期の話ってすごい面白い。
尼子氏主役の大河っていうのもありなんじゃないだろうか。

2011/05/19 (Thu) 22:22
第2次スーパーロボット大戦OG

第2次スーパーロボット大戦OGがPS3で発売されるみたいですね。
遂にスパロボがPS3で出るわけですが、その一作目がOGっていうのは、個人的にはちょっと不満だったり。
やっぱ版権もので出してほしかったなぁ。
そして気になるのが「第2次」という文字。
今まで、ずっと第1次だったのかよと。
どれだけ壮絶な第1次やったねん。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。