プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/29 (Wed) 22:37
ガイドキラー外伝・大分県関連の偉人編

大分ですが、とりあえずこの人物。

・大友義鎮
大友家の嫡男として府内に生まれる。
義鎮の父は義鎮の異母弟に跡を継がせようとしたが、義鎮派の重臣が謀反を起こしたため失敗。
父も異母弟も死亡し、義鎮が当主となった。
山口~北九州の大大名である大内義隆が陶晴隆の謀反で死亡すると、義鎮は陶氏の申し出を受けて、弟を大内氏の当主とする。
これによって、北九州の大内氏に服属する国人が、大友氏にも服属することになり、山口にも影響力を持つようになる。
ただ、義鎮がキリスト教の信仰を許したため、家臣の間で宗教対立が起こるようになった。
また、毛利元就が大内氏に侵攻し、弟は死亡した。
そして毛利氏との対立が始まる。
ただ、幕府から豊前国・筑前国守護、左衛門督に任じられ、九州で最大の勢力を持ち、大友家の全盛期をつくった。
この後、毛利や肥前の龍造寺と戦う。
そして、隠居している。
ただ、薩摩の島津との戦いで大敗。
家督を譲った息子とも対立が深まり、大友氏は衰退していくこととなる、
ちなみにこの頃、正式なキリスト教徒となっている。
この後、島津によって滅亡寸前にまで追いやられるが、秀吉の力を得て、何とか島津を撃退。
そして病死している。

キリシタン大名として有名な大名。
BASARAでも、その点が強調され、かなり変な人になっていますが、九州の大名の中でも、かなり優秀な大名なんですよね。

・立花宗茂
大友家の重臣である高橋家に長男として生まれる。
そして同じく大友家家臣の立花道雪の娘婿として立花家の家督を継いでいる。
ただ、夫婦仲は最悪であったとされている。
戦では大活躍し、秀吉に認められ、独立した大名として筑後柳川に領土を得ている。
朝鮮にも行っている。
関ヶ原では西軍に参加。
関ヶ原後は、改易され浪人となった。
ただ、家康に召しだされ、陸奥棚倉の大名となった。
大坂の陣では徳川方として参戦。旧領の筑後柳川に領土を得た。
秀忠・家光にも気に入られ、ほとんど江戸にいたようである。
島原の乱にも参戦。

BASARAでは、大友義鎮に振り回される実直な武将として描かれていますが、むしろ独立してからが本番ではないかとも思われる人物。
九州の大名も面白い人多いですねぇ。

ちなみに大分には福澤諭吉なんかもいるのですが、この人は、大分っていうより大坂の人っていうイメージがあるんですがどうでしょう。
スポンサーサイト

2011/06/27 (Mon) 20:44
ガイドキラー外伝・長崎県関連の偉人編

長崎も誰にするか難しかったですね。
で、長崎というより対馬の偉人なんですが、この人にしました。

・雨森芳洲
現在の滋賀県雨森に医者の子として生まれる。
京都で医学を学び、江戸で儒学者木下順庵の門下に入った。
順庵の推薦で、朝鮮と貿易を行っていた対馬藩に仕官することとなる。
朝鮮担当の役を担い、釜山の倭館に滞在した。
朝鮮の日本語辞典の編纂に参加したり、朝鮮語入門書を作成したりした。
朝鮮通信使と共に江戸に行ったりもしている。
ただ、その後、藩の政策に不満を持ち、役を辞任。家督を長男に譲った。
それでも、特使として釜山に行ったり、藩主の側用人として活躍したりしている。

まぁかなりマイナーな人物でしょうか。
ただ、江戸時代にもこれだけ国際的な活動していた人はいたわけですよね。

2011/06/22 (Wed) 21:17
ガイドキラー外伝・佐賀県関連の偉人編

佐賀県ですが、やっぱりこの人でしょうね。

・大隈重信
佐賀藩士の長男として生まれる。
尊皇派であったが、新約聖書やアメリカ独立宣言を知って影響を受けている。
明治維新後、新政府の役人となり、大蔵卿となっている。
征韓論には反対している。
自由民権運動が盛りあがっている中、大隈も早期の憲法公布と国会の開設を説き、政治的にも伊藤博文らと対立したため、明治政府を辞めている。
政府を辞めた後、立憲改進党を結成。
また、現在の早稲田大学を創設。
不平等条約改正のため、外務大臣に任命される。
ただ、外国人判事を採用するという案を進めていたため、爆弾による襲撃を受け、右足を切断、辞職している。
その後、板垣退助らと憲政党を結成。
そして内閣総理大臣となる。
ただ、憲政党内部(旧自由党と旧進歩党間)での対立があったり、尾崎行雄の演説が問題になったりし、結果的に憲政党は解散。内閣は総辞職し、大隈は憲政本党をつくった。
一旦政界を引退するが、第1次護憲運動の際に復帰。
内閣総理大臣となった。
第1次世界大戦が起こると参戦、21か条要求も出した。
ただ、汚職や元老からの圧力があり、総辞職。政界も引退した。

元祖政党政治家という感じの人ですかね。
まぁどちらかといえば、早稲田の創始者としての方が有名でしょうか。

2011/06/20 (Mon) 21:09
ガイドキラー外伝・福岡県関連の偉人編

福岡ですが、やはりこの人物でしょうか。

・黒田長政
後の豊臣軍師黒田官兵衛の嫡男として姫路城に生まれる。
信長の人質として長浜城にいた。
秀吉に従い、毛利家と戦っている。
本能寺の変後は、父と共に秀吉の家臣となった。
河内国に領地を与えられている。
九州平定後は、現在の大分県中津市に領地を与えられた。
そして父は隠居している。
朝鮮出兵にも参加。中心戦力であった。
ただ、石田三成らと対立するようになったため、秀吉死後は家康に接近。
家康の養女を正室とした。
関ヶ原でも東軍として戦った。
戦後、功績をたたえられ、福岡に52万3千石を与えられた。
大坂の陣でも徳川方として戦っている。

父親の方が有名で、その父親に、なぜ家康を討たなかったと言われたという逸話がある人物ですね。
福岡の人は、黒田が好きなんでしょうかね。
まぁ黒田は福岡全部を治めていたわけではないですが。

2011/06/18 (Sat) 21:19
ガイドキラー外伝・高知県関連の偉人・幕末編

まぁ高知といえば、今も話題のこの人でしょうかね。

・坂本龍馬
現在の高知市に郷士の次男として生まれた。
元は商家であったため、裕福であったとされている。
剣術修行のため、江戸に行っているが、その際にペリーが来航した。
土佐で、土佐勤王党に入っている。
そして脱藩している。
江戸に行くと勝海舟の門人となっている。
入門の話は有名だが、史実かどうかは疑わしい。
海舟のおかげで脱藩の罪は赦されている。
しかし、海軍操練所の仕事のために再度脱藩している。
ただ、その海軍操練所は廃止される。
この後、亀山社中をつくる。
そして薩長同盟の仲介を行う。
土佐藩では、状況が変わり、龍馬のような人材が必要であったため、脱藩を赦し、亀山社中は、海援隊となった。
この後、戦中八策を龍馬が作ったとされているが、根拠は実は無く、事実かどうか疑問視する見解もある。
そして大政奉還がなったが、京都の近江屋で中岡慎太郎と共に暗殺される。
この犯人については、新撰組説、紀州藩説、薩摩藩説、土佐藩説、フリーメーソン説等トンデモも含めて色々といわれているが、現在では見廻組が犯人であろうということで議論は落ち着いている。

日本史の人物の中でトップクラスで知名度・人気がある人で、現在もドラマに出てますね。
ただ、有名になったのは、日露戦闘の時で、龍馬の話も司馬遼太郎の小説が事実であるかのようにされているので、史実とは結構違うイメージの人物になっているのではないかなと思うときもあります。
それにしても、龍馬は何故ここまで日本人に人気があるのかというとは、すごい興味ありますけどね。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。