プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/09/25 (Tue) 21:09
アナザーヒストリー115年(2068年)

   ・54年前に宇宙船事故に遭い、コースドスリープを行っていたフェイ・ヴァレンタインが当時の年齢のまま覚醒させられるも、記憶を失っており、個人データも失われていた。さらに詐欺に会う。その後、賞金稼ぎとなる。(カウボーイビバップ)
スポンサーサイト

2012/09/20 (Thu) 10:43
特撮博物館に行ってきました

10月8日まで東京都現代美術館で行われている特撮博物館に行ってきましたので簡単なレポを。
ネタバレ含むので要注意。

この博物館の最大の売りは、「巨神兵東京に現れる」という10分ほどの短編映画だと思うのですが、面白いのは、この映画はCG一切無しでつくられており、どういったミニチュアや特撮技術が使われているのかを映像で教えてくれるフロアや使われたセットの中に入れるフロアがあることです。
教えてくれる映像は、なかなか好評なようで、「おお~」という歓声や「へぇ~あれも手作りなんだぁ」という声がたくさん聞かれましたね。
あと、「犬」のネタバラシでは必ず爆笑が起こっているようです。

そして展示物なのですが、大きく言って東宝、円谷、大映の展示物があるといっていいでしょう(個人的にはこの中に東映が入っていなかったのはちょっと残念)。
東宝は、もちろんゴジラですが、入って一番最初に見えるのは「モスラ」の映画ポスター、轟天号、スピップ号、メカゴジラ等です。
攻めてますねぇ。ゴジラは、しばらく行かないと出てきません。
あと売店で水野久美ブロマイドや『東宝特撮女優大全集』なんかも売ってます。
大全集のほうはちょっと買おうかなとも思ってしまった。
あとゴジラを殺したあれも展示されてるんですが、これは個人的に一番感動したかもしんない。
そういや平田昭彦ブロマイドなんかは無いんですかね。芹沢博士からミスターKまで入った一品とか。

円谷はもちろんウルトラマンなのですが、一番最初の円谷の展示は、マイティジャックです。
攻めてますねぇ。
というかマイティジャック号むっちゃかっこいいです。
ウルトラマン以外の円谷ヒーローのマスクもたくさん展示されてます。

で、大映ですが、これはほぼ平成ガメラ3部作の展示だと思っていいです。
樋口真嗣が関わっている博物館だしね。
ただ、最後に東宝・円谷・大映作品をそれぞれ編集した映像が見れるフロアがあるのですが、そこでは昭和ガメラが出ます。
しかもガメラマーチと共に映像が流れます。
確かに、昭和ガメラのテーマはこれですからね。
ただ、他の作品の音楽に比べて底抜けに明るい歌が流れてくるので、ちょっと笑いそうになってしまいました。

まぁそんなわけで、個人的には最初から最後までにやにやしっぱなしのすごい楽しい空間でした。
特撮好きなら間違いなく楽しめると思いますし、そうでない方でも楽しめると思います。
実際、そんなに特撮興味無さそうなお年寄りや若者なんかもいたのですが、ミニチュアや特撮技術にはすごい感心している方ばかりでしたね。

で、注意点っぽいことをいっておくと間違いなく平日でも人多いです。
平日でも多かったので、休日は大変なことになるんじゃないかと思います。特に、これからは閉館が近づいてくるので、ますます人増えるんじゃないかなと。
あと私は使わなかったのですが、音声ガイドはむちゃくちゃ時間かかるみたいなので、使う方は時間にかなり余裕を持って行くか、飛ばし飛ばしで行くかしないといけないみたいです。

2012/09/18 (Tue) 21:14
アナザーヒストリー113年(2066年)

   ・大事故・凶悪犯罪・自然破壊などに対処するため、科学救助隊テクノボイジャーが設立される。(科学救助隊テクノボイジャー)

2012/09/11 (Tue) 21:10
アナザーヒストリー109年(2062年)

   ・軌道エレベーターの所有権を巡る戦争で、桂木桂が時空振動弾を使用。時空が混乱し、あらゆる平行世界の混じった世界になってしまう。(超時空世紀オーガス)

この年はとんでもないことが起こっています。
時空振動弾によって、平行世界が混ざり合ってしまったのです。
平行世界が存在することは分かっていましたが、この年にそれが混ざりめちゃくちゃになってしまったわけですね。
ただ、結果的には世界は落ち着いたようで、あらゆる可能性がある世界がたくさんつくられたようです。
あと何気に、軌道エレベーターが作られ、それをめぐって戦争が起こっていたようです。
インビットもまだ地球にいるんですけどね。

でも実は、アナザーヒストリー的には、こっちの方が好都合だったりします。
何が起こっても、時空振動弾のせいといっておけばなんとなかるようになりましたから。

2012/09/04 (Tue) 21:14
アナザーヒストリー2050年代後半まとめ

アナザーヒストリー103年(2056年)
アナザーヒストリー104年(2057年)
アナザーヒストリー105年(2058年)
アナザーヒストリー106年(2059年)

インビットがまだまだ地球にいる時代ですが、バジュラとの戦いなど、地球とはちょっと離れた場所での出来事が多いです。
人類の宇宙進出がどんどん進んでいるのがわかりますね。
ちなみに、マクロス系統の歴史はこれ以後、まだ明らかになっていません。
新たな史料が発掘されるのか、それともマクロスの歴史はここで終わっているのか、今後の研究に期待ですね。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。