プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/04 (Tue) 00:10
振り返ってみよう・1996年

<アニメ>
・ゲゲゲの鬼太郎(第4シリーズ)
憂歌団のOP・EDが好きでしたね。
また、京極夏彦が出た話もあるんですよね。
両者のすごさを知ったのは、やはり後のことでした。

・名探偵コナン
ついに始まりました。
私はアニメでこの作品を知ったんですが、やっぱり主人公の設定は当時小学生の私を引きつけましたね。
コナンが今でも人気なのは、やはり主人公の設定がうけてるんじゃないのかなと思ったりもします。
当時の私は、単行本を一気に集めましたけど、まさか12年経っても集めてるとは思いもしなかったなぁ。
ましてや、原作者と主人公の声優が結婚して、あっさり離婚しちゃうなんて思ってもいませんでしたよ。

・るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-
当時の小・中学生(ひょっとしたら高校生も)は皆、真似してたんじゃないでしょうか。
男女問わず大人気の作品で、私も大好きでしたが、当時小学生の私が見ていても、剣心と左之助の関係が、どうも同性愛っぽく感じられてしまったんですよね。
ちなみにアニメ番の監督は後のハンターでもクラピカを必要以上に女性っぽく描写した方なんですが、剣心の時も、やっぱそういうのを意識して作ってたんじゃないかなぁ。

・名犬ラッシー
実にどうでもいいことなんですが、名犬ラッシーは、どこらへんが名犬なんでしょうね。

・勇者指令ダグオン
これはほとんど見てなかったですね。
やっぱ勇者シリーズとしては見れなかったんですよね。今までの作品とだいぶ違ってたし。
どうも違和感を感じてしょうがなかった。

・ドラゴンボールGT
これは何だったんでしょうね。
まぁ最終回は泣けたからよし。

・みどりのマキバオー
うちの親は、うんこたれ蔵という名前に、おおはまりでしたね。

・美少女戦士セーラームーン・セーラースターズ
これは全く分からないんですよね。

・あずきちゃん
見てましたけど、よく考えてみたら、NHKの夕方にけっこう過激な話をやってたんだなぁっていう感じですね。

・機動新世紀ガンダムX
現在も色々と論議を呼ぶ作品ですね。
ちなみに私が始めてニュータイプという言葉を知ったのは、この作品です。
そんなに嫌いな作品じゃないですけど、ただ言わせてもらえば、中盤頃までは、明確な「敵組織」という存在がいなかったのが子供にはうけがわるかったんじゃないかなと思ったりもします。
まぁフロスト兄弟とかはいましたけど、最初の頃は何がやりたいのか、よく分かんなかったんですよね。

・こどものおもちゃ
アニメの方より、妹が買ってた、りぼんのマンガの方が印象に残っています。
ところで、これとミントな僕らは最後どうなったのかが未だにちょっと気になります。

・地獄先生ぬ〜べ〜
これも私ぐらいの年代の人は皆、見てたと思います。
皆、鬼の手の真似をしてたと思います。
最近はエロのほうが、よく話題になりがちですが、ホラーマンガとして十分に怖い作品でもあったんだということは、もっと強調されていいと思います。

・こちら葛飾区亀有公園前派出所
藤子F先生が亡くなり、キテレツが感動の最終回を迎えた後の作品が、これかよって思ったりもしましたが面白かったので許しました。

・ガンバリスト駿
いい作品だったと思います。

・家なき子レミ
世界名作劇場最後の作品ですね。
途中でおじいさんや犬の何匹かが死んだのが悲しかったですね。

・花より男子
最近もドラマや映画が大人気でしたが、個人的には何が面白いのかよく分かりません。

・クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
これも見に行きましたね。
本当に見ていて楽しい映画です。
特に最後の追いかけっこは、一見の価値ありでしょう。抱腹絶倒ものです。
またギャグだけでなく、ス・ノーマンや偽者のひろし・みさえの不気味さ、トッペマのかわいさ等、いろいろな点で評価されるべき作品でしょう。

<特撮>
・ビーファイターカブト
ビーファイターの続編。
見てましたけど、前作ほど印象に残ってないんだよなぁ。

・激走戦隊カーレンジャー
これは面白かった。
ギャグを基点に置いた戦隊ものっていうのは私には新鮮でした。
その中でもやはり、芋ようかんを食べて巨大化するっていう設定はすごかったなぁと思います。

・ガメラ2 レギオン襲来
この映画で一番驚いたのは、仙台が文字通り壊滅したことですね。
考えてみれば怪獣映画では、必ず都市は壊滅状態になっているんですが、この映画ほど都市壊滅の重さを感じた怪獣映画はありません。
また個人的には、レギオンのデザインは結構好きだったりします。

・学校の怪談2
これは伯父と一緒に見に行きました。
個人的には1より好きですね。
実は祖父母だったっていう話にちょっと感動しました。

・モスラ
そういやゴジラが終了した後、モスラシリーズが始まったんですよね。
1作目だけ見に行きましたね。

<テレビ番組>
・ウッチャンナンチャンのウリナリ!!
これは90年代後半を代表する番組の一つでしょうね。
確か最初は宇宙人物のコント番組だったんですよね。
ポケビもブラビも当時は大人気だったなぁ。

・銀狼怪奇ファイル
これは当時大人気でしたね。主題歌は皆歌えたし。
ただトリックは、かなりぶっとんでましたよね。

・透明人間
これも毎週楽しみにしてました。
なんか段々重い話になっていってましたよね。
当時は大真面目に見てましたけど、考えてみればラスボスが脳みそのドラマって、なんじゃそりゃって感じですよね。

<ゲーム>
・ポケットモンスター 赤・緑
出ましたね。現在でも大人気のシリーズです。
当時は本当に皆持ってましたからね。
ボンボン派(先にポケモンを取り上げたのはボンボンだが)の私も、これを遊ぶためにゲームボーイを買いましたからね。
これが出た後はゲーム業界が変わりましたもんね。これのパクリ的なものが、どれだけ出たことか。
でも私が遊んだのは、この一作だけで、後のシリーズは知らないんですよね。

<ボンボン>
・コングルGood
コンビニにあるもので料理しようというマンガ。
妹が好きでしたね。
個人的にはコンビニにあるものしりとりで、敵キャラがコ○コ○を持ってきて怒られてたのが印象に残っています。

・おきらく忍伝ハンゾー
これは大好きでした。
登場人物のほとんどが歴史上の人物がモデルになっているということに気づいたのは途中なんですが、これで歴史上の人物の名前をかなり覚えましたね。
天正遣欧使節の名前を全員覚えたい人は、これを読みましょう。

・海の大陸NOA
これは衝撃的なマンガでしたね。
ボンボンで一番笑ったマンガでした。
しかし、休止したり、復活したり、雑誌が廃刊したりと、なかなか波乱万丈な人生を送ってますな。

<まとめ的なもの>
この年も豊作の年と言え、紹介したもの以外にも、機動戦艦ナデシコ、スマスマ、うたばん、めちゃイケ、星のカービィ スーパーデラックスなどの作品も生み出されています。ボンボンの90年代黄金期でもあり、95年に続いて頂点の年だったといえます。
ただその一方で、世界名作劇場やテレビ朝日のガンダム枠やセーラームーンシリーズやドラゴンボールの終了、翌年からのメタルヒーローシリーズの路線変更といったこともあった年であり、90年代中盤を過ぎて一つの時代が終わったとも言えます。
その新しい時代のきっかけがエヴァだったのでしょう。その新しい時代の評価は次回以降、やっていくとしましょう。

<< 振り返ってみよう・1997年 | ホーム | 雑感 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ガメラ:平成(金子)版視聴記 2008/11/11

 本日三本目の更新です。一本目「ガメラパン /11/11」はこちら。 二本目「ガメラレーダ情報 08/11」にはこちらから  前回の「金子版視聴記 11/04」は、こちらよりどうぞ。  平成(金子)三部作論議: 『朝陽の中へ』 http://blog.goo.ne.jp/sppw6739/ さん、11月5...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。