プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/07 (Fri) 23:28
振り返ってみよう・1998年

<アニメ>
・カードキャプターさくら
リアルタイムでは、そんなに真剣に見てなかったんですよねぇ。
まぁでもこの作品の影響はすごいものがあったでしょうね。

・花さか天使テンテンくん
OPがすごかったということしか覚えてない。
特に関西では、早朝に時間を移動させられてたし。

・どっきりドクター
見てましたけど、いったいなぜこれがアニメ化されたんだろう。

・クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
これも見に行きました。
これは最後泣いたなぁ。

・名探偵コナン 14番目の標的
この映画からでしたっけ?
「アメリカで父さんに習ったんだ」っていう台詞を言うようになったのは。

<特撮>
・平成ウルトラシリーズ3部作
まとめて3作やります(単に忘れていただけというのは、ここだけの秘密)。
「ウルトラマンティガ」(1996年)
リアルタイムで見た作品では一番好きなウルトラマンです。
ウルトラマンらしさを壊さないようにしながら、ちょっとかわった話もやるっていうのが好きでしたね。
ゲストで初代ウルトラマンが出てたりもしましたね。
個人的には「よみがえる鬼神」が好き。
また最終回近くでは今まで登場した、ちょっとした登場人物も皆出て、協力するっていう展開も好きでした。

「ウルトラマンダイナ」(1997年)
ダイナは最終回が悲しかったですよね。
でも最近公開された映画では、そこらへんを上手く使っているとか。

「ウルトラマンガイア」(1998年)
ティガ・ダイナと世界観つながっていなかったのが、少し残念でした。
でも面白い作品だったと思います。

・テツワン探偵ロボタック
見てましたけど、カブタックに比べて全く覚えてないなぁ。

・GODZILLA
何を血迷ったのか、わざわざ見に行きましたね。
ジュラシックパークじゃねえかよと思ったのは確実に私だけではないでしょう。

<ゲーム>
・メタルギアソリッド
ついに出ました。
もう10年前になるのかぁ。
これはもう本当に当時、何週も遊んでましたからね。
あそこまで何週もやったゲームはこれだけだと思う。

<テレビ番組>
・笑う犬の生活
この時はまだ遅い時間にやってましたね。
そんなわけで知ったのは、ゴールデンで特番をやった時からなんですが、一気にはまりましたね。
やっぱこういうコント番組っていいよね。

<ボンボン>
・スパロボFのマンガ
この年にPS版が出るんですが、その前に四コマとかやってましたね。
内容としては、現在でも出ているアンソロジー的なものでしたね。
なかなかディープなネタが多かったです。
Fに出てくるほぼ全ての女性キャラが露天風呂に入っている話もありましたね。湯気で上手く隠してました。
また、主要女性キャラが水着で活躍する話もありましたが、ダンクーガの沙羅がその中にいたのは作者の趣味だったんでしょうなぁ。
そして冬凪れく先生のディープすぎるスパロボマンガは一際目立ってましたね。

実を言うと、1999年になった2,3ヶ月後に、ボンボン買うのやめたんですよね。
なぜなら、この年に面白いマンガがほとんど打ち切られて、誌面がかなり様変わりしましたから。
特にJINGにいたっては単行本でしか最終回読めませんでしたからね。
まぁこの後2,3年はメダロットやクロちゃんなどで成功してますが、「マンガ雑誌」としては98年の終わりとともに、ほとんど終わってたんじゃないかなと思いますね。

<まとめ的なもの>
びっくりするくらい語ることがほとんどありませんでした。
ただどうも、この年頃からテレ東以外のアニメが減って、深夜枠が増えていったようなんですよね。
さらにウルトラシリーズもひとまず終了し、メタルヒーローシリーズも完全に終了する年でもありますからね。
やはり衰退の時期であったということでしょうか。
ただ、カードキャプターやCOWBOY BEBOPがこの年に始まったということも考えると、今までとは大分違う方面に進み始めてきた頃なのかもしれません。

<< ブログ拍手返信(11月8日分)など | ホーム | 振り返ってみよう・1997年 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。