プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/18 (Tue) 23:14
振り返ってみよう・2002年

<アニメ>
・ラーゼフォン
関東ではフジテレビの夕方に放送されていて、途中から夕方に移動したようですが、私が住んでいる地域ではずっと夕方でした。
ただ、そんなに見てなかったんですよね。
なんかエヴァっぽいなぁとは思っていましたが。

・ぴたテン
この作品は私より、下の妹がハマッテましたね。
一緒に見てたりしてました。
何気に今の中高生の女の子には、これ見てたっていう子も多いんじゃないだろうか。

・あたしンち
満を持して始まった感じでしたが、あまりアニメ向きの作品ではないんじゃないかなぁと放送当初から
思ったりしてました。
マンガで読む方が、やっぱり面白かったんですよねぇ。
特に我が家で一番不評だったのは、お母さんの声でしたね。
皆、「あってない」って言ってましたね。
まぁ確かに私のイメージともちょっと違ってたかなぁ。

・機動戦士ガンダムSEED
もう、6年も前の作品なんですね。
まぁ、ぶっちゃけそんなに真剣に見てなかったんですよねぇ。
始まる前の時点で、「またガンダムか」「キャラが美形すぎるだろ」とかちょっと思ったりしてましたね。


・ギャラクシーエンジェル
来ましたね。
正直、この作品が私の人生を変えたと言っても過言ではありません。
この作品を見ていなければ、ネットでこんなブログをやっていたかどうかも怪しいものです。
それくらい私にとっては重要な意味を持つ作品ですね。
正直言うとOPを最初見た時は、オタクくさいアニメだなぁと思ったんですが、とんでもなかったですね。
まさかOPにあれほどの小ネタを仕込んでいたとは。
さらに内容的にも、単なる萌えアニメと思わせといて、かなりむちゃくちゃなギャグアニメでしたからね。
とりあえず「数珠つなぎ手打ちそばつなぎなし 」と「ピュルリクマジカルステーキ」と「新鮮 鯛づくし 」は一見の価値ありかと。
「数珠つなぎ」は死ぬほど笑いました。「ピュルリク」は魔女っ娘ものパロディとしてすばらしい出来です。「新鮮」は特撮物パロディで、脚本陣に井上敏樹を始めとして特撮も手掛ける方がいるので、特撮物パロディとしては最高の出来かと思いますね。
しかし、第三期は最終回が全編シリアス物で、ギャグが一切無かったっていうのがすごかったですね。

・釣りバカ日誌
なんでこれアニメ化したんだろうなぁ。
アニメ化するとしても、深夜にやった方がよかったんじゃないのかなぁ。

・クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
これも泣ける作品として有名ですね。
また、戦国時代の戦闘を実写以上にリアルに描いた作品としても評価されていますね。
しんちゃん映画で「死」を描いたことについては賛否両論もあったようですが、個人的にはオトナ帝国とこれはオススメです。
ただ、この2作だけで、しんちゃん映画を語って欲しくは無いですが。

・名探偵コナン ベイカー街の亡霊
これはコナン映画の中でも異色作ですね。
舞台がゲームの世界ですから。
これも色々と物議を醸した作品ですが、シャーロックの世界とコナンの世界が融合しているところは好きですね。

<まとめ的なもの>
とりあえずこの年はギャラクシーエンジェルの年でした。
この作品のおかげで、アニメへの興味がいい意味でも悪い意味でもオタク的な興味に変わりましたね。
このころはブロッコリーは調子良かったよね。

<< 振り返ってみよう・2003年 | ホーム | 雑感 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。