プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/05 (Thu) 22:54
振り返ってみよう・スパロボでのSTARDUST MEMORY

第3次以降のスパロボには、数多く参戦している作品。
デラーズ・フリートは単体で登場することは無く、残党の一組織だったりネオ・ジオンに参加していたりと様々ですね。

それにしても、ウィンキー時代は主人公がとても不遇でしたね。
全く戦力にならないですもん。機体は全て出るけれども、パイロットがダメダメすぎ。
試作3号機のパイロットを換える人は結構いたのではないでしょうか。
それに引き換え、ガトーやシーマの強いこと。
試作2号機の性能もなかなかで、アトミックバズーカという最強クラスのMAP兵器まで持っていることがあるという、主人公とは比較にならない優遇っぷりでした。
まぁ、α以降はコウも強くなり、十分戦力になるキャラになりましたけどね。

ところで、ここからはスパロボ関係ない話ですけど、ガトーの評価って9・11以降、評価が一転しましたよね。
昔は、「信念を貫いた武人・侍キャラ」、「主人公よりかっこいい」等のように、評価する意見が多かったですが、あの事件以後は「自分の理想に酔ってるだけの、ただのテロリスト」、「所詮やっていることはただのテロ」みたいに、一気に否定的な意見が目立つようになった気がします。
それに対して、評価が上がったのはシーマ様でしょうか。
昔は、「ただの悪女」的な扱いをされていたのに、最近は「戦争・軍隊に振り回された悲しい女性」みたいな意見が多くなってきました。
実際にあった事件で評価が一転したアニメキャラというのも珍しいのではないでしょうか。

<< 振り返ってみよう・スパロボでのゴーショーグン | ホーム | 振り返ってみよう・スパロボでのポケットの中の戦争 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。