プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/16 (Tue) 23:35
ガイドキラー外伝・山形県関連の偉人編

景勝、兼続以外の人たちです。

・最上義光
義光と書いて、よしあきと読む人。絶対、言われなきゃ分かんないと思う。
山形藩初代藩主。伊達政宗の伯父。
どういうわけか父親と仲が悪くなったり、最上氏独立を阻もうとする伊達氏等に攻められたりと大変な状況に陥るがなんとか撃退、父親とも和解し、最上氏は伊達氏から独立することになる。
その後、謀略等も行いつつ、最上郡を統一する。
朝鮮出兵の際は、九州まで行っているが、朝鮮には行っていない。
渋々、豊臣秀次に嫁がせた娘は、秀次が謀反を企てたとして秀吉に切腹させられた際に処刑され、義光自身も秀次に加担したと疑われ、謹慎をくらう。
こういったことがあってか、徳川と仲良くしていたようである。
関ヶ原の際は、当然、東軍側につき、東北で上杉と戦う。
戦力的には、上杉のほうが上であったが、最上勢は、見事に抗戦するが、上杉が撤退する時は、直江兼続に撃退されることになる。
江戸時代になると、初代山形藩主となる。
政治は、よかったらしく、一揆もほとんど起きなかったらしい。
しかし、義光死後は、後継者争いが起こり、義光死後9年で改易とされ最上家は大名ではなくなっていく。

謀略を用いることが多かったためか、悪役として描かれることのほうが多い。
戦国BASARA3でも、口だけ達者なちょっと嫌なやつになっています。
ただ、それは伊達家の視点だけから見た評価ですので、もっと違う視点から見なければいけないとは思いますね。
義光が、大河の主人公になる時は、訪れるのだろうか?

・上杉綱憲
米沢藩4代藩主。
忠臣蔵で有名な吉良義央の息子。奥さんは、紀州徳川家の女性で、吉宗の義理の兄でもある。
2歳の時に、跡継ぎのいなかった上杉家の当主となる。
次男を父親の養子にしたりと、当然ながら吉良家とは仲がよかった。
文治主義で、風俗の統制なども行った。だが、綱憲の時期に上杉家の財政はやばくなっている。
赤穂浪士討ち入り事件では、父親を助けるために出兵しようとするが、家臣に止められたとされている。
この一件で、上杉家は庶民からの評価を落とす。

・上杉治憲(鷹山)
米沢藩9代藩主。
日向高鍋藩主の息子。
母方のおばあちゃんが、綱憲の娘なので、上杉家の養子となった。
この頃、上杉家の財政は本当にやばかったので、改革を行う。
改革の内容は、簡単に言えば倹約と産業振興。
とにかくむちゃくちゃ評価が高い人。
今でも、政治家が尊敬する人物に入っていたりする。
ただ、過大評価されているんじゃないか、と思う時はある。

・清河八郎
庄内藩出身の志士。
郷士の子である。
学問と剣術を修め、江戸に塾を開く。
やがて、尊皇攘夷思想を深めていく。
過激な倒幕計画を考えていたため、追われることと成るが、幕府を出し抜いて、浪士組を結成する。
名目は、将軍の警護だが、実際は尊皇攘夷のために造ったということを京都でぶっちゃけると、後の新撰組になるメンバーが大反対。
その後、清河は江戸で幕府の刺客に暗殺される。

なかなか濃いメンバーになりました。


<< ガイドキラー外伝・福島県関連の偉人編 | ホーム | ガイドキラー外伝・山形県の偉人・上杉景勝と直江兼続編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。