プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/21 (Sun) 23:00
プリキュア感想・サソリーナ死亡(?)回

・プリキュア
今日の話は、プリキュア史上でも屈指の回だったのではないでしょうか。
というのも、今までやらなかったことやってます。
つまり、敵幹部の死亡回をかなり丁寧にやったことです。
今までのプリキュアでは、敵幹部が死亡しても、特に何も描かれませんでした。
一部、例外はありますが、それは物語上重要なキャラクターな場合のものです。
しかし、今回のサソリーナは、それほど重要なキャラクターとは思えません(実は重要かもしれないが)。
そのキャラクターの死亡回を、丁寧に描き、他の敵幹部の感情、プリキュアの感情、それぞれを丹念に描いているという点で、今回の話は非常に面白かったです。

また気になるのは、サソリーナは、本当は別人だったということです。
サソリーナ自体は消えましたが、サソリーナに似た病気の女性が目覚めている。
どうやら、今回の敵幹部は、全員そんな感じなのかもしれません。
たぶん、サバーク博士の正体も、あの人なんだろうなぁと思いますし。
いやぁ、今後の展開も楽しみですね。

<< ガイドキラー外伝・茨城県関連の偉人・徳川光圀編 | ホーム | ガイドキラー外伝・茨城県関連の偉人・平将門編 >>

コメント

それはたぶん

はじめまして、プリキュアの幹部は「人間型」と「怪物型」がありますが、
「人間型の幹部が基本的に殺されない」のだと思います。

なるほど

はじめまして。
あー、確かにそう言われてみればそうですよね。
やはり、子ども向けアニメだから、そういう所は考慮しているんでしょうかね。
御意見ありがとうございました。大変納得できました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。