プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/17 (Thu) 22:52
母親萌えについて考えてみよう・小まとめ

小まとめというか、ちょっと思ったことを。

今までいくらかの母親キャラについて考えてみたわけですが、やっぱり母親キャラって癒しの役割を持っていると思うんですよ。
もちろん、そうではない人もいます。でも大体そういう時はヒロインが癒しの役割を果たしていると思います。
コナンの蘭なんかが、そんな感じでしょう。

それに対して、メダロットやデジモンセイバーズは、子供向け作品なのでヒロインはいてもそれほど恋愛描写が強いわけではありません。(というかセイバーズには例愛描写なんて皆無だが。むしろヒロインはお母さんだよね、という感じですが。)
また、視聴者である子供にとっての癒し的存在は誰かといえば、それはやはり母親だと思います。
だからこそ、子供向けアニメでは、母親キャラは癒しの存在であり、同時に、とても魅力的な存在として描かれるのかなと思います。
そしてそういう点が、ある程度成長した人間から見ると萌えになるになるのかなと感じますね。

<< スーパーロボット大戦Zの参戦作品 | ホーム | マンガについての雑談・西森博之作品編(『天使な小生意気』と『道士郎でござる』を中心に) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。