プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/30 (Tue) 23:13
ガイドキラー外伝・栃木県関連の偉人編

栃木ですが、とりあえず足利尊氏だけになってしまいました。
しかも、尊氏は栃木の偉人なのかどうなのかという問題もあるのですが、とりあえずやります。

・足利尊氏
室町幕府初代将軍。
生地には諸説あるが、鎌倉幕府御家人足利氏に生まれる。
最初は、高氏だった。
鎌倉幕府執権の妹と結婚する。
最初は鎌倉幕府側として、後醍醐天皇側の兵と戦っていたが、裏切って天皇側に付く。
そして、京都にあった鎌倉幕府の機関である六波羅探題を滅ぼす。
同じ頃に、関東でも新田義貞が反乱を起こしており、鎌倉幕府は滅亡する。

後醍醐天皇の建武政権期に、尊氏に改名。
北条氏残党が起こした中先代の乱で、鎌倉を一時奪われるが、尊氏は天皇の許可を得ないまま出兵。鎌倉を取り戻す。
尊氏は、そのまま鎌倉に残り、独自の政権づくりの動きを見せ始める。
そのため、天皇が尊氏討伐の軍を出すと、尊氏は反乱を起こした。
そのまま、尊氏は京都に入り、後醍醐天皇は比叡山へ退く。
しかし、楠木正成や新田義貞らに攻められ、九州まで下ることとなる。
そして再び京都に向かい、新田・楠木を撃退して、京都を制圧する。
尊氏は、後醍醐に和議を申し入れ、光明天皇をたて、新しい政権をつくった。
しかし、後醍醐は奈良の吉野へ逃れ、ここから南北朝時代が始まる。

尊氏は征夷大将軍になり、基本的に南朝側との戦闘を優位に進めている。
政治的には、弟の直義との両頭政治であった。
しかし、このことが政権内部の対立と成り、観応の擾乱と呼ばれる内部抗争が始まる。
この争いは、非常にややこしく、両派共に南朝と和睦したり、南朝が一時京都を制圧したりと色々とあったが、結果的には尊氏の一人勝ちとなるのである。

評価が時代や見方によって、すごい変わる人。
幕末から逆賊扱いされ、明治時代には、南朝に正当性があるのだという考えが強くなり、教科書問題にまでなって、結果的に尊氏の評価はどん底になる。
しかし戦後には、再評価されている。
それでも、やはり色々と難しいのか、映像化に全く恵まれない人。
どうしても、楠木正成とかの方が人気出ちゃうんだよね。
足利三代とかやればいいのに。

<< ガイドキラー外伝・群馬県関連の偉人編 | ホーム | ガイドキラー外伝・茨城県関連の偉人編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。