プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/10 (Fri) 23:42
ガイドキラー外伝・埼玉県関連の偉人編

今回は埼玉県ですが、渋い人物2人になりました。

・松平信綱
老中として有名な人であり、川越藩主でもある。
家康の家臣である大河内氏に生まれ、松平氏の養子になる。
家光の小姓になる。
家光将軍時に老中になる。
島原の乱が起こったときは、幕府軍総大将として出向いている。
家光死後も家綱の補佐役を勤め、活躍した。
「知恵伊豆」(伊豆守だから)と称され、柳生宗矩・春日局と共に家光を支えたとされているが、創作物では、幕府のために暗躍する人物として描かれかち。

・渋沢栄一
日本資本主義の父といわれる人。
血洗島の豪農の家に生まれる。
幼い頃から勉学と剣術を修め、江戸に出て尊皇攘夷の思想に目覚める。
京都に行き、知り合いの推薦で、一橋慶喜に仕える。
慶喜が将軍になると幕臣に成り、パリ万国博覧会の視察として、ヨーロッパに赴く。
帰国後の明治維新後は、慶喜から「お前の道を行きなさい」と言われ、さらに大隈重信に言われて、大蔵省に入る。
ただ、大久保や大隈と対立してやめる。
退官後に、設立を指導していた第一国立銀行の頭取になり、ここからは実業家として活躍、社会事業も行った。

知名度はあまり高くは無いかもしれませんが、何気に重要な2人です。
特に渋沢なんかは、映像化しても面白いかもしれない。

<< ガイドキラー外伝・神奈川県関連の偉人・源頼朝編 | ホーム | ガイドキラー外伝・千葉県関連の偉人編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。