プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/14 (Tue) 23:03
ガイドキラー外伝・神奈川県関連の偉人・北条政子編

しばらく鎌倉関連が続きそうです。
今回は、北条政子。ガイドキラーで女性を扱うのは、初めてでしたっけ?

・北条政子
頼朝の正室。
伊豆国に北条時政の娘として生まれる。
伊豆に配流されていた頼朝と結婚する。
頼朝挙兵後は伊豆にいたが、頼朝が鎌倉に入ると、鎌倉に移動。この頃から御台所と呼ばれるようになる。
当時は、一夫多妻が当然であり、頼朝も多数の妾がいたが、政子は許さなかったとされている。
この背景には、正室でありながら北条氏という低い身分の家柄であることが関連しているのではないかともいわれる。
義経と頼朝対立時に、義経妾の静御前が捕えられて、鎌倉に来た際の静御前と政子の話は色々と有名。
頼朝が上洛した際は、政子も共に上洛している。
頼朝死後は、息子である将軍と対立しながらも、父親と共に、幕府を運営し、有力御家人達も滅ぼしていく。
2代将軍が暗殺され3代将軍になると、父親の時政が、政権を独占しようとするが、弟と共にそれを阻止。父親を追放している。
3代将軍も暗殺されると、頼朝の血が絶え、摂関家から将軍を呼ぶことになるが、まだ3歳であったので政子が後見、尼将軍と呼ばれるようになる。
この頃から朝廷と幕府の対立が深まる。そして後鳥羽上皇が、政子の弟である執権義時追討の宣旨を出して遂に挙兵。
この際、動揺する御家人達に政子が演説をして、御家人達を一つにまとめたといわれている。
宣旨を出して安心していた上皇は、幕府の大軍に敗退。隠岐島に流される。
義時死後は、後継争いも防いだ。

女性の偉人として挙げられることの多い人物。
特に、承久の乱時の演説は有名でしょうか。
調べてみると、過去の大河で主役的ポジションを担ったこともあるようですね。
女性が主役になることも多くなってきた大河ですから、また政子を主役にするのも面白いかもしれません。

<< ガイドキラー外伝・神奈川県関連の偉人・北条時宗編 | ホーム | ガイドキラー外伝・神奈川県関連の偉人・源頼朝編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。