プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/10 (Mon) 22:55
ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・徳川家光編

今回は、家光です。

・徳川家光
3代将軍。
秀忠の次男。ちなみに長男は早死にしている。
明智光秀家臣の娘である福(春日局)が乳母になり育てられる。
3代将軍をめぐっては、弟の忠長との後継者争いがあったとされているが、どこまで真実かは分からない。

秀忠死後の家光の幕政の中で、江戸幕府の基本的な形が完成する。
また、島原の乱を経て、いわゆる「鎖国」が完成するのも家光の時代。

正室は、摂関家の娘であったが、かなり不仲であったとされ、夫婦生活は一切無かったというはなしもある。
また、女性を一切近づけず、ずっと男色にふけっていたため、春日局が家光好みの女性を各所から探し出したというはなしもある。

評価はだいぶ分かれる人物で、創作物では、いろんな描かれ方をする人。
女性に一切興味なかったという話は、よく使われますが、実は町に出て人斬をやっていたんだという話までありますね。
後継者争いの話も面白いためか、色んな作品で描かれますが、家光と忠長のどちらを優秀に描くかは、作品によって違います。
ただ、どちらかをかなりやばい人間に描く事が多いような気がします。
また、家光じゃなくて家臣が優秀だったんだともいわれますが、創作物でも、たいてい松平信綱とか柳生一族とか春日局が活躍します。
家臣たちがよく描かれるか、悪く描かれるかは、それも作品によって色々ですが。
ただ、家光が関わる作品は面白いの多いと思います。
忠長関係、柳生関係、島原関係と面白い題材が豊富だからでしょうか。
それにしても今の大河は、今までのステレオタイプな江ならば、家光より忠長を溺愛するちょっと悪役な感じで描かれがちですが、今回はどうなるんだろう。
というか、そこまでいくのか知らないけど。

<< ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・徳川家綱編 | ホーム | ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・徳川秀忠編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。