プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/10 (Thu) 22:49
ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・土方歳三編

今回は土方歳三です。

・土方歳三
新撰組副長。
現在の日野市の豪農の家に末っ子として生まれる。
10年間呉服屋に奉公している。
その後、家で製造している薬を売りながら剣術修行をしたとされてる。
この頃、近藤家の天然理心流に入門している。
そして浪士組参加のため、道場の仲間と共に京都へ向かっている。
芹沢派を粛清した後、副長になっている。
厳しい人間で、規律を破ったものは全て切腹にしていたとされている。
明治維新の前年、幕臣になる。
戊辰戦争が始まると、旧幕府軍と共に戦闘を重ねながら段々と北の方に撤退していき、最終的に蝦夷地にまで撤退する。
そして共にいたメンバーと、蝦夷共和国をつくる。
新政府軍の総攻撃時、銃弾に当たって死んでいる。

新撰組の中でも、トップレベルに人気ある人です。
そのため、色んな伝説もあったりします。
ただ、やはり面白いのは、元は豪農とはいえ武士ではない家の末っ子だということ。
それが、最終的には近代的な考えを持った軍人になるのだから面白い。
規律に厳しかったのも、逆に武士ではなかったからこそか。
まぁ末っ子だからこそ、家を継がずに他の道を進めたのかもしれませんね。

<< ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・沖田総司編 | ホーム | ガイドキラー外伝・東京都関連の偉人・近藤勇編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。