プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/01 (Tue) 21:24
ガイドキラー外伝・石川県関連の偉人編

石川県ですが、今回も前田利家一人だけになってしまいそうです。

・前田利家
現在の名古屋市の土豪前田家の四男として生まれる。
織田信長の小姓として仕えることになるが、若い頃は派手な格好をしたかぶき者であったとされている。
また、信長とは衆道の関係であったともいわれている。
従妹のまつと結婚した。
信長の下で活躍していたが、信長の異母弟との諍いで相手を斬殺。減罰にはなったが、2年間浪人暮らしをする。
前田家は、兄が継いでいたが、信長の命で、利家が継ぐことになる。これに関しては諸説ある。
そしてその後も、信長の下で活躍し、能登23万石を領有する。
本能寺の変後は、利家は柴田勝家の与力であったので、柴田側に付くが、戦いでは突然撤退、降伏している。
その後は、秀吉の下で活躍し、親子で加賀・能登・越中を領有する。
秀吉の醍醐の花見の後に、隠居。ただ、五大老の一員になり、家康と並び立つ地位に立つ。
秀吉死後、家康が反豊臣な活動を行うと、それに反発。家康と利家の間で交渉などが行われるが、その後病死する。
利家死後、家康は加賀を攻めようとするが、前田家は芳春院(まつ)を人質に出すことで難を逃れた。

9年前の大河で一気に有名になった人物です。
信長・秀吉・家康3人全てと関わりを持ち、戦国時代で重要な役割を担った人物だといえるでしょう。
ちなみに、BASARAでは、まつがいないとダメな亭主として描かれていますが、まつこそが大河で一気に有名になった人物でしょうか。
また、あの作品のヒットが、それ以後の大河の方向性を決定したのではないかなと思いますね。

<< ガイドキラー外伝・福井県関連の人物・大谷吉継編 | ホーム | 近況報告 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。