プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/01 (Fri) 21:35
ガイドキラー外伝・静岡県関連の偉人編

今回は静岡県です。

・今川義元
5男として生まれる。
幼少期に仏門に出され、京に上っている。
ただ、当主であった兄が死亡、さらに次の継承権を持っていた兄も死んだため、義元が当主になることとなった。
しかし、有力家臣の一部が別の当主を立てて、反乱。
それを鎮めて、義元は家督相続を果たした。
この頃から、後北条氏とは同盟関係。
さらに武田信虎(信玄の父)の娘を正室に迎えて、武田と同盟を結んだ。
その事で、後北条氏の怒りをかい、後北条氏との戦いが始まる。
最終的には、信玄の仲介で和睦している。
また、織田氏との戦いもあったが、これを撃退。松平氏からも、嫡男竹千代(家康)を人質にとった。
そして、息子を後北条氏の娘と結婚させ、武田・後北条との三国同盟を結んだ。
しかし、桶狭間の戦いで織田信長軍に討ち取られた。

一般的には、調子に乗ってたら信長に負けちゃった人というイメージが強烈な人でしょう。
BASARAでも、貴族っぽい格好の人として描かれていますが、一般的なイメージもそんなものでしょうか。
しかし、最近は再評価の動きも出ています。
なんだかんだいって、静岡で一大勢力を誇っていた人物なわけですしね。

・清水次郎長
現在の静岡市清水に生まれる。
船頭の次男。
米穀商の叔父の養子になっている。
養父の死後、家を継ぎ、結婚もするが、人を殺してしまったため、離縁し、家も姉夫婦に譲り、自らは無宿人へ。
やがて、清水に一家を構えたといわれている。
明治維新時には、街道警護役を担っている。
また駿河湾に逆賊として放置されていた旧幕府軍の遺体を埋葬したともされている。

私は、ちびまるこちゃんでその存在を知りましたが、色んな話で有名な侠客です。
もちろん、どこまで本当の話なのか微妙な物も数多いのでしょうが、面白い話が多い人です。

<< ガイドキラー外伝・岐阜県関連の偉人・明智光秀編 | ホーム | web拍手返信(3月28日分) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。