プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/13 (Fri) 21:38
ガイドキラー外伝・兵庫県関連の偉人編

今回は兵庫県です。

・池田輝政
現在の愛知県清須市に信長の家臣である池田家の次男として生まれる。
本能寺の変後は、秀吉に仕えた。
美濃国池尻城主となり、小牧・長久手の戦いで父と兄が死亡すると、美濃国大垣城主と岐阜城主を継ぐ。
北条征伐後は現在の愛知県豊橋市の吉田城主となる。
朝鮮出兵時には、吉田城にとどまっている。
豊臣時代、丁重に扱われたようで、秀次失脚後も輝政の妹である秀次正室は助命されている。
秀吉の仲介で、家康の娘と結婚している。
秀吉死後は、家康に接近。関ヶ原では東軍に付いた。
戦後、姫路に加増移封され、姫路の開発を行った。

兵庫というより姫路の偉人ですが。
姫路の人は、池田家が好きなんでしょうか。

・大石良雄
いわゆる大石内蔵助。
父親が早くに死んでいるので、祖父の養子となっている。
祖父の死亡後、遺領を受け継ぎ、大叔父の後見の下、筆頭家老となった。
大叔父もやがて死亡している。
豊岡藩筆頭家老の娘と結婚。
そして、松の廊下で刃傷事件が起こる。
赤穂藩の取りつぶしが決定し、藩内は改易恭順派と抵抗派に分かれるが、良雄はその混乱をうまく収めていたとされている。
赤穂を出た後は、京都山科に隠棲。
この頃、家臣間では、お家再興優先派と仇討優先派に分かれていたが、良雄はここでも上手く収めていたとされている。
ちなみに京都で良雄は、かなり遊んでおり、これは吉良家の目を欺くためであったといわれているが、それは物語の設定であり、単に遊びたかっただけの可能性が高いともいわれている。
やがて、お家再興は絶望的になっていき、吉良邸に討ち入る事が決まり、討ち入りが行われた。
当時、幕府内は赤穂浪士に助命か死罪かで意見が割れたとされているが、切腹になっている。

こちらも兵庫というより赤穂の偉人。忠臣蔵で有名な人物です。
最近は、忠臣蔵も吉良を単なる悪役に描かなかったりと、色々な趣向を凝らしていますね。
にしても、ここまで有名な家老というのもなかなかいないのでは。

<< ガイドキラー外伝・鳥取県関連の偉人編 | ホーム | ガイドキラー外伝・和歌山県関連の偉人編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。