プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/01 (Wed) 21:06
ガイドキラー外伝・山口県関連の偉人・伊藤博文編

この人もやっといたほうがいいのかな。

・伊藤博文
現在の山口県野尻に百姓の長男として生まれる。
父親の養父が足軽の養子となったため、博文も足軽となった。
松下村塾に入るが、身分が低いため、外で立ち聞きであったという。
そして討幕運動に加わっていき、暗殺や公使館焼き討ちを行う。
やがてイギリス留学を行い、そこで開国論になる。
維新後、岩倉使節団として欧米に行く。
木戸、西郷、大久保の死後は、明治政府の中心人物となっていく。
国会開設、憲法制定、内閣制度創設を行っていき、初代内閣総理大臣となる。
2度目の総理の時に、日清戦争が起こり、戦後、有力政党となる立憲政友会の総裁になる。
ロシアに対しては宥和政策を取り、戦争を避けようとし、日英同盟にも反対していた。
そして、ハルビンで暗殺される。

明治時代の重要な人物なわけですが、最初は百姓の家だったんですね。
世間的には、だんだんと女好きとして有名になってきた感がありますね。
あと、暗殺に関しては色々と陰謀説もありますが、どうなんだろうなぁ。

<< ガイドキラー外伝・香川県関連の偉人編 | ホーム | ガイドキラー外伝・山口県関連の偉人・木戸孝允(桂小五郎)編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。