プロフィール

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/15 (Wed) 22:32
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(一週目)感想

一週目を攻略したので、その段階での感想を書きます。
ちなみに一週目は、全てマジンガーと一緒のルートを通っています。

それでは、以下ネタバレ注意。

まず難易度ですが、毎度のごとくSRポイントを取らないのであれば、そこまで難しくないという感じでしょうか。
ただ、取ろうとするとすごい大変にはなります。
ちなみに私は全部取りました。今回のスパロボは取る意味はあまり無さそうなのですが、それでも取らなきゃ取らないで、面白くないのでとりあえず全部取っています。
SRポイントは後半になればなるほど、とりやすくなりますが、前半はがんばらないときついステージがいくつかありましたね。
ちなみにほとんどが○ターン以内にクリアとかです。
あと、今回は分岐が多くて、分岐によって見れるストーリーが大分違います。
よっていつのまにか死んでたり、全く戦わないキャラも結構いました。

それでは以下、作品別に感想を書いていきます。

・新機動戦記ガンダムW(TV版)
マジンガーと一緒のルートだとほとんど原作再現されません。
いつのまにか5人が仲間になっています。
ちなみに強さは、まぁまぁといったところでしょうか。

・機動戦士ガンダムOO 1st season
こちらもマジンガーと一緒のルートだと、ほとんど原作再現されず、いつのまにかトリニティがやられていたりするのですが、最終決戦ステージは共通です。
最終決戦は、アニメをほぼ完全再現なのですが、グラハムだけはちょっと違っていたのが残念。
ちなみにガンダムマイスター4人は、エクシアが戦闘、デュメナスは長距離射程と援護攻撃、ヴァーチェが大火力と援護攻撃といい感じなのですが、キュリオスは正直どう使えばいいのか分からなかったというか、めちゃくちゃ弱くないですか?
ただ、最終決戦ステージはソレスタルビーイングだけになったりもするので、育てておかないとちょっときつい。
あとスメラギさんは修理装置担当で、当たることほぼ前提の今回のスパロボでは、一気に高レベルになってたりします。
ちなみに私は本名陽子さん好きなので、戦闘シーンとか期待していたのですが、ほとんどそんな機会無かった。

・無敵ロボ トライダーG7
マジンガーとずっと一緒にいます。
原作再現は全くといっていいほどされず、敵も出てきませんが、強ユニットなので育てて損なし。
特に、特殊スキルで、出撃すると、出撃した全員にPP5がもらえるうえ、エースボーナスは、そのもらえるPPが2倍になるというもの。
さらに、ダイターン・ザンボットとの合体攻撃もあるので、絶対に出撃させておきたいユニットです。

・六神合体ゴッドマーズ
マジンガーと一緒だと、原作再現はほぼ行われます。
気力が130にならないと、ゴッドマーズにはなれませんが、ゴッドマーズは硬くて攻撃力も高く、タケルも優秀なパイロットなので、近作最強ユニットの一つでしょう。ただ、全ての武器がEN消費なので、調子に乗っていると何も出来なくなります。
ちなみに、敵のズール大帝も、今作最強ユニットの一つ。
最終決戦時は、こちらで出すタイミングを決めれるので、事前に準備しておかないと結構やばいです。
特に、必中がないと詰む恐れがあります。
今作はストーリー上、国レベルの敵が多い中、銀河規模で声が納谷悟郎さんのズール大帝は威厳たっぷりです。

・装甲騎兵ボトムズ
・装甲騎兵ボトムズ ザ・ラスト・レッドショルダー
・装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
・装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ
マジンガーと一緒だと、原作再現は全くされません。
レッドショルダー隊との最終決戦は共通です。
他のルートはどうだったか分かりませんが、OVAの再現がほとんどだったんですかね。
ちなみに、キリコは育てるとボスも含めて、ほとんどの攻撃を避けられるようになるうえに、魂も覚えるので、最強ユニットの一つです。

・超獣機神ダンクーガ
ムゲを倒した後での参加なので、原作再現は無し。
5人乗りなのが魅力。
覚醒も覚えるし。

・獣装機攻ダンクーガノヴァ
マジンガーと一緒だと、ほとんど原作再現されず、いつのまにか話が進んでいます。
序盤は、気力が130にならないと合体できないので、しんどいですが、ずっと合体できるようになってからは、強ユニットです。

・真(チェンジ!!)ゲッターロボ~世界最後の日
原作再現に関しては、だいぶアニメと違っていますね。
前日譚的な部分も有りますし。
今回の話からどのようにアニメの展開に持っていくのだろうか。
最強ユニットの一つですが、近年のスパロボではゲッターロボGが多かっただけに、真になるまで、普通のゲッターロボ(OVA版ではあるが)をずっと使えるというのはうれしかったですね。

・マクロスF
・劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~
マジンガーと一緒だと原作再現はほとんどされず、キラッもいつの間にか終わっています。
クイーンバジュラとの戦闘は共通です。
ちなみに強さは割りと微妙というか、ほとんど使わなかったですね。

・コードギアス 反逆のルルーシュ
マジンガーと一緒だと原作再現はほとんどされず、いつのまにかユーフェミアが死んでいたり、藤堂いたの?みたいな感じになります。
ちなみにゼロですが、スパロボでは強烈なキャラが他にもたくさんいるため、あまりアニメほどのカリスマ性は感じられませんでしたね。
特に、グレンラガンのキャラだと、理屈じゃねえんだよ!みたいな感じになりますからね。
ちなみにゼロ自体は、そこまで強くありませんが、戦術指揮の能力がめちゃくちゃ優秀。

・地球防衛企業ダイ・ガード
マジンガーと一緒だと、ずっと一緒で、原作再現もかなりされます。
装甲にかなり難がありますが、赤木のエースボーナスは熱血が魂になるというものなので、育てて損はなし。
いぶきさんは、ほぼしかめっ面だった気がする。

・天元突破グレンラガン
・劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇
マジンガーとずっと一緒なので、原作再現はかなりされます。
間違いなく、今作の最強ユニットの一つです。
二人乗りで、皆熱血を覚えるので、毎ターン熱血を使うことも可能。ただ、全部EN消費の武器なので、気をつけないと何も出来なくなります。
螺旋王は強キャラですが、出すタイミングはこちらで決めれるので、事前準備しておけば楽勝。

・真マジンガー 衝撃!Z編
今回の機械獣は強い。
というか、今までが弱すぎたのですが。
それに対するマジンガーも最強ユニットの一つ。
光子力ビームが長射程なので便利。
ただ、修理装置担当のさやかさんが、一番レベル高いということにはなりがち。

・交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
マジンガーとはずっと一緒で、原作再現も最後までいきます。
前作が嘘のように、ニルヴァーシュが弱くて使えないのですが、specVになると一気に使えるユニットに。
三人乗りで精神コマンドも優秀なので、育てて損なし。
あとハッピーエンド。

ここからは続投組ですが、続投組は結構弱体化してるんですよね。

・機動戦士Zガンダム
ほとんど使いませんでした。クワトロがトレーズに何らかの影響を受けたようです。

・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
νガンダムとアムロは強いです。
育てればキリコ並に避けます。
弾数にさえ気をつけていれば強キャラです。

・機動新世紀ガンダムX
ほとんど使いませんでした。
レントンをちゃかす担当。

・∀ガンダム
全然使いませんでした。月光蝶もないし。
ディアナ様の動向が気になります。

・機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ほとんど使いませんでしたが、強キャラだと思います。
マジンガーと一緒だと、ほとんど出番無し。

・無敵超人ザンボット3
合体攻撃があるので、出しておきたいユニット。
トライダーと絡む担当。

・無敵鋼人ダイターン3
エースボーナスがマップクリア後、資金3万なので絶対に育てておきたいユニット。
今回も万丈さんは強く、色々と目立っています。

・戦闘メカ ザブングル
ほとんど使いませんでした。
グレンラガンと絡む担当。

・宇宙大帝ゴッドシグマ
こちらもほとんど使わず。
キラケンがやたら前に出てきます。

・宇宙戦士バルディオス
こちらもほとんど使わず。
ゴッドマーズとの絡みが色々とあります。

・超時空世紀オーガス
前作が嘘のように弱体化してます。
Zシリーズでは絶対に外せない作品ではあるのですが。

・THEビッグオー
あまり使いませんでした。
出番もそこまでなかった感じ。

・OVERMAN キングゲイナー
オーバースキルがあるので、結構使えます。
レントンをちゃかす担当。
あと、ゲイナーが女性陣から200人切りで誤解受けたりしてます。

・超重神グラヴィオンツヴァイ
ほとんど使いませんでした。
サンドマンの動向が気になります。

・創聖のアクエリオン
ほとんど使いませんでした。
ストーリーにもほとんど絡んでこなかったなぁ。

・オリジナル
今回の主人公は、スーパーでもリアルでもなく格闘主体か射撃主体かを決められるというものです。
なかなの良キャラでしたね。そして何気にハーレム状態になっているという。
その代わり、敵キャラがちょっとインパクト不十分。
前作が凄すぎただけに、余計そう感じます。
ただ、一応ザコの次元獣がめちゃくちゃ強い。
底力・バリア持ちなので、序盤はこちらの攻撃が全く通用しなくなるという事態も多々あります。
また、当たると気力やENが下がる攻撃をしてくるので、スーパーロボット系は連続攻撃されるとやばいです。
この次元獣を○ターン以内に全滅しないとSRポイント取れないという事が結構あるので、毎ターン集中・鉄壁は必須な感じにはなってましたね。
ラスボスは、出すタイミングはこちらで決めれるので、事前準備をしておけば楽勝。
そして、結局ラスボスやアサキムが何者だったのかも今回は不明なまま。
まぁそのあたりは、次回明らかになっていくのでしょうが。
そして、前作の主人公達はまた出るんでしょうかね。

そんなわけで、これからは2週目突入します。

<< ガイドキラー外伝・高知県関連の偉人・幕末編 | ホーム | ガイドキラー外伝・高知県関連の偉人・戦国編 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。