プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/29 (Sun) 21:26
スイートプリキュア感想

いやぁ、今回のプリキュアもいい作品でした。

音楽がテーマのプリキュアだったわけですが、その力でラスボスをも救わなければならないという結論に達したのは、非常によかったですね。
その極地にまで至ったのって、他にはマクロス7の熱気バサラぐらいしかいないのではないでしょうか。

ただ、このスイートプリキュアは、実はハミィの物語だったのではないかと思っています。
ハミィがいなければ、この物語は始まらなかったのは当然として、終わることさえなかったんですよね。
ハミィが幸せのメロディを歌ったからこそ、この物語は完結したわけで。

正直、プリキュアシリーズのマスコットキャラで、ここまで心を惹かれたのはハミィが初めてでした。
特に、ハミィの話で一番感動したのは、なんといってもセイレーンとの友情でした。
これだって、ハミィがあそこまで一途にセイレーンを信じていたからこそセイレーンはプリキュアになれたわけです。
そういった点でも、ハミィの存在はとても大きかった。

あと、声優の話でいっても、ハミィの声優は、あの三石琴乃さん。
まぁ、ある意味プリキュアの偉大な大先輩に当たると言っても過言ではない人物。

そういった点でも、ハミィの存在感は大きかったんですよね。

そんなわけで、来週からは新しいプリキュアが始まりますが、これも非常に期待しています。

<< アナザーヒストリー90年代後半まとめ | ホーム | アナザーヒストリー46年(1999年) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。