プロフィール

修都

Author:修都
別にカンガルーで何かやるわけではないですよ
赤ちゃんだけは守りぬけ!
twitter始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

web拍手

フリーエリア

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/20 (Fri) 23:18
アニソンなどについての雑談・渡辺宙明さん編

J影虎さんのリクエスト3はアニソンなどについて取り上げてほしいということだったのですが、これはシリーズ化して色々と語っていこうと思います。

第一弾として、渡辺宙明さんを取り上げるわけですが、この人はまさに、特撮やロボットアニメの黎明期を支えた人物の一人といってもいいでしょう。
初期の戦隊物やロボットアニメ、宇宙刑事シリーズの音楽の多くは、宙明さんが作曲しています。
だから、宙明さんの名前は知らなくても、誰もが宙明さんの音楽を一度は聴いたことがあるように思います。

ところで、宙明さんの曲の良さといえば、やはり「擬音」でしょうね。
バンバンとかシュッシュッシュッとかダンダンとかガンガンとか、そういう擬音を多く使っているところがいいんですよね。
特に、歌詞のほとんどが、擬音で成り立っている鋼鉄ジーグの歌とかは名曲だと思いますね。
ちなみに鋼鉄ジーグのEDは、ヤー!とかホー!とかが入ったり、間奏のドラムがかっこよかったり、ベースがかっこよかったりと、音楽のことはそんなに詳しくない私でも、楽器の音がかっこいいなぁと感じる名曲です。

あと、宙明さんの曲に関しては、宇宙刑事シリーズのレーザーブレードの音楽とダンガイオーのサイキック斬の音楽が似ていることや、メカンダーロボのOPを歌っていたら途中でなぜかガ・キーンのOPに変わってしまうとかいう話も有名ですね。

<< 小清水亜美と田中理恵はホンマに仲が悪いのか? | ホーム | 平野綾はなぜ嫌われるのか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。